FC2ブログ

調査結果で発信される「貯蓄額の平均」はその項目・内容がすべて網羅されているのか疑問


 今回の一連の「老後2000万円」報道の件、ブログでは初めて書きます。でも、本質はまた別の記事で書きます。
 この時期に当ててきたのは明らかに意図的ではないのですが、こんな調査結果が民間からも出てきています。

 報道記事はこちら。
 還暦の貯蓄額25%が百万円未満 2千万円に遠く届かず

 調査の元データはこちら。
 2019年の還暦人(かんれきびと)に関する調査

 保険会社による2000名調査です。
 「還暦人の貯蓄額 平均2,956万円 一方4人に1人が「100万円未満」」という不安のあおり方です。

-----

 調査対象は今年還暦を迎える1959年生まれの男女ということで、退職金を受け取る直前というケースも多いことでしょう。同じ回答者へ1年後にも同じ質問に回答してもらいたいと感じます。

 日々相談をお受けするなかでも貯蓄額を確認すると出てくる情報は、預貯金や有価証券(株式・投資信託など)です。
 財形貯蓄、企業型確定拠出年金(DC)や最近だとiDeCo(個人型確定拠出年金)、保険商品の解約返戻金などの手元ですぐに見えない資金はカウントされていないのではないかという視点です。

 また、それぞれの貯蓄額区分ごとに住宅ローンの有無や残額、教育資金の負担額や残年数も合わせて確認しないと、何のデータなのかさっぱりわかりません。


 決して目に見えやすい範囲での貯蓄が少なくても何も問題ないと言いたいわけでもありません。
 

 こんなケースもありますから、結局は何事も世の中の平均や見出しに踊らされることなく、自分自身や家族はどうなんだと確認することでしか何も前に進まないということなんです。

 京極・出町FP相談では「家計の資産表」という企業におけるバランスシート(B/S)を家庭にも当てはめる視点で資産情報をまとめるお手伝いをしています。資産と書くと、いわゆるお金持ちが対象と感じてしまわれるケースもあるようですが、私が日々相談をお受けしているほとんどのご家庭はいわゆる普通のご家庭です。普通の家庭にこそ、この視点は大事だと考えます。

-----

 今回の2000万円の問題。あおられた見出しや切り取られた報道にまどわされることのないよう、元データにあたることの大事さを多くの人が改めて感じるきっかけになっていてほしいと願う次第です。

 

 報道各社の皆さまにおかれましては、今回の報道は不適切でした、内容を理解せず報道していました、今後の社会保障では内容を理解したうえで報道します、これくらい発信してもらいたいものだと切に願う次第です。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)