FC2ブログ

社会保障と国民経済 ~医療・介護の静かなる革命~【講演録6】本来の意味で成長戦略


 2018年4月に日本医師会から発表された医療政策会議報告書の平成28・29年度版「社会保障と国民経済 ~医療・介護の静かなる革命~」を読みました。

 前回、第12回目の記事はこちら。
 社会保障と国民経済 ~医療・介護の静かなる革命~【講演録5】最適保障と財源


 本当は報告書を読んでいただくほうが良いのですが、よほどのもの好きでなければ(笑)読み込むのはしんどいと思います。私による勝手な引用だけでもぜひ参考になりましたら幸いです。

 講演録のトリであり、このシリーズのトリでもある権丈教授の報告書はこちら。
 社会保障と国民経済 ~医療・介護の静かなる革命~【第6章】分配なくして成長なし

-----

■講演録6.医療政策会議報告書案と社会保障政策に関する若干の捕捉…
 権丈 善一 氏

・子育て支援、医療・介護、年金という社会保障政策は、人口構造や財政金融政策の上に乗っているのであって、これらを独立させて議論することはできません。いわば、社会保障政策は、人口構造・財政金融政策という大海に浮かぶ小舟のようなもの p137
・少子高齢化と国民経済の関係を見る指標は、65歳以上人口を何人で支えているかとかいうようなものではなくて、就業者1人当たりの非就業者というような数字で見るべきで、この数字はある程度過去からも安定しているし、将来的にもそれほど心配するような話でもない p137

・人口減少社会で重要な経済政策の指標は、1人当たりGDPであって、総GDPではありません(中略)日本の1人当たりGDPの伸びは、他の先進諸国と比べてそれほど遜色があるわけではない状況のなかで、問題はこれをどう分配していくか。きちんと消費者の購買力を育てるために、しっかりと分配をしていかないと駄目ですよというようなところも共通している p137
・問題は、人々が長生きしていることではなく、彼らがあまりにも早く引退していること(中略)特に65から74歳は、心身の健康が保たれており、活発な社会活動が可能な人が大多数を占めているという科学的根拠があると発表されています(中略)医師、医学の説得力はすごい p138

・社会サービスをしっかり充実させていったり、高所得者から低所得者に所得を再分配していったり、あるいは1次分配のところでしっかりと賃金を支払っていくというような仕組みを作っていくことこそが、実は経済に活力を与えるといいますか、本来の意味で成長戦略 p138
・日本は、給付を先行した福祉国家であって、給付の先取り、景気の先取りをしているということは、しっかりとみんなで認識しておく必要があります p139

・「2大政党による競争は必要なのではないか?」と問われたから、「まぁ、ルールを守って競争すればね。ウソ、いかさまなんでもありのルール違反の競争が展開されると、悪貨が良貨を駆逐するってことになって、政治のレベルが落ちていくだけなんですよ」と答えています p141
・これから先の財政政策を考えていくと、消費税増税を着実に行わなければならない。経済状況を勘案しながら前倒しも考慮したほうがよいのではないか。軽減税率も考え直した方がいい。さらに、消費税10%の先の検討を速やかに開始し、その際は毎年1%の引き上げも視野に入れていってよいのではないのか p142

【配布資料】
・公的年金収入を給与収入と等しく課税 p146
・かかりつけ医が、自分の住む場所のどの医療機関にいるのかを簡単に検索できるシステムを作る p147
・フリーアクセスを守るためには、緩やかなゲートキーパー機能を備えた「かかりつけ医」の普及は必須 p148

-----

 ついに完結しました。第1回目の記事が6/24でしたので苦節2ヶ月、計13本の記事となりました。

 権丈先生の論は前提であり、まとめです。序章・第6章・講演録6、この3つを読んでから他の章・録を読むことで理解は深まると思いますし、最低限このあたりの理解がなければ社会保障の議論にならないのはないでしょうか。


 日々私たちが接する新聞・テレビ・雑誌などから発せられる公的年金保険をはじめとした社会保障の報道は要領を得ず的外れを感じ、誰に何を伝えたいのかわからない内容にしか見えません。センセーショナルな不安をあおる見出しで、読まれさえすれば良い流れしか感じないんです。残念すぎます。
 そして私たちにはこれらの情報しか身近にありません。今回の13本のような内容を報道で目にする機会は私の知る限り存在したことがありません。

 今回の13本の内容はすべての前提のため、一般生活者が知って得するようなものでもありませんが、報道にあおられない心の持ちようにはつながります。よくわからない不安・不信に心揺らされることなく生活できるのはある種の「得」と言えるかもしれません


 成熟社会・給付先行型福祉国家を理解し、分配なくして成長なし・生活の質を豊かにする需要の創出が近い将来に実現されること、これが少子"超"高齢化・人口減少の進む日本の「本来の意味で成長戦略」であること。

 今回の内容は言葉で表すのが難しいほどに勉強になりました。
 まとめられた日本医師会の関係者の皆さまには感謝を申し上げます。

-----

 今回の13本の記事のリンクまとめです。

 社会保障と国民経済 ~医療・介護の静かなる革命~
 【序章】給付先行型福祉国家
 【第1章】相矛盾する国民の意識
 【第2章】無邪気な(naive)誤り
 【第3章】もつれた糸理論
 【第4章】対人社会サービス
 【第5章】生活の質を豊かにする需要の創出
 【第6章】分配なくして成長なし
 【講演録1】成熟社会を理解する
 【講演録2】頼りあえる社会
 【講演録3】経済と社会保障は表裏一体
 【講演録4】社会保障モデルから生活モデルへ
 【講演録5】最適保障と財源
 【講演録6】本来の意味で成長戦略 ← 本記事


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)