FC2ブログ

公的年金は保険、企業年金は年金ではなく退職金 / 2020年1月検定向けFP3級資格取得講座<第4回目>


 11(金)、京都リビング新聞カルチャー倶楽部主催、2020年1月検定向け「FP3級資格取得講座」第4回目の講師を務めました。

 今回で15シーズン目(計23回目)、金曜10時20分~12時20分の115分(休憩5分)の講座で、12月下旬まで14週連続(約3ヶ月)の長丁場です。

 <第4回目の項目>
 ライフプランニングと資金計画④
 ・障害年金
 ・遺族年金
 ・企業年金の種類
 ・確定拠出年金の企業型と個人型(iDeCo)
 リスク管理①
 ・保険制度と保険料の基礎知識


 「公的年金保険」の保障である障害年金と遺族年金は、その存在を知る機会は多くありません。報道で取り上げられる「年金」はいかにも将来受け取る老齢年金だけのように扱われているからです。

 病気や事故で障害者になってしまったときが対象の障害年金。亡くなってしまったときに遺された家族の生活を支える遺族年金。将来受け取る年金(老齢年金)とこれらを合わせた仕組みが「保障としての公的年金保険」です。
 実際の相談事例もお伝えしていますので、公的年金保険の理解を深めていただけていると毎回感じます。


 公的年金保険の上乗せである企業年金。公的年金は保険ですが、企業年金は保険ではなく、年金という名称がついていますが正しくは退職金です。
 確定拠出年金(DC)を理解するうえで知っておきたいのは確定給付年金(DB)。企業型DC・iDeCo(個人型)の細かな部分を把握する前に、大前提を知っておくことこそが理解への近道です。

 確定拠出年金については、企業型・iDeCoそれぞれで何時間もの講義が必要となってしまうボリュームがあります。iDeCoは2017年1月から大きく変わりましたが、3級ではシンプルに概要のポイントを押さえました。


 毎回の講座でアンケートを書いていただいています。嬉しい感想をくださいました。
 「企業年金・確定拠出年金のお話しが実生活にとても役立ちます」
 「テキストに載っていない話もとても参考になり、興味深く聞かせていだたいています」
 皆さま、ありがとうございます。次回もよろしくお願いします!


 <過去参照記事> 京都リビング新聞2017/1/28号特集「2017年、年金改正のポイントをチェック」に掲載!
 <参照コラム> 確定拠出年金のことをファイナンシャルプランナーに相談する<1>企業型の商品選びについて

-----

 さて、台風です。風の情報は2日前の記事で紹介していますリンクが参考になります。
 備えすぎて何事もなかったとしても笑い話で済ませられます。備えずに大事が起こってしまっては笑い話では済みません。


 12(土)の相談2件は延期とさせていただきました。
 13(日)個別相談2件お受けします。
 14(月・祝)お休みをいただきます。 


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)