FC2ブログ

これまで耳にしてきたことで1つ使えるかもしれない方法をお伝え


 先週の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 Tさんの近況伺いで病室へお邪魔してきました。

 いずれそれなりに詳しく書く機会も出てくるかもしれませんが、以前に事故に遭われ、その前から相談をお受けしていましたTさんご一家です。今は年に2回を目安に訪問していまして、Tさんの成年後見人である弁護士さんとも密に連携して動いています。

 今回は4ヶ月に1回の定期交換での定期入院(?)で、その交換のようすを「伊藤さんにも見ておいてほしい」というお母さまからのご要望です。交換ですから出し入れがあります。「出」はそこまでつらそうではありませんでしたが「入」は本当にきつそうでした。まったく異なることではありますが、がんの患者会さんでこれまで耳にしてきたことで1つ使えるかもしれない方法をお伝えしたとはいえ、つらさがゼロになるとは思えないので…

 お父さまと介護の担当さんともお話しでき、近況を伺ったり以前を振り返ったり、時にTさんも笑顔になってくださって、長くがんばっていかねばといつも感じます。

 Tさん、お父さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 向日市のYさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 生命保険と損害保険の見直し相談もいよいよ大詰めです。何を優先したいのか、保障の点と資産形成の点で方向性が明確になりました。保険加入は極めてシンプルに、普段使いのお金に自由度を持たせるスタンスです。

 そして、世の中は変わっていきます。家族の状況も変われば、金融商品も新しくなっていきます。常に最適(ベスト)をめざすのか、おおよそ問題なければ(ベターであれば)十分なのか、このあたりもご夫婦によって考え方は違って当然です。

 私はどのようにでも対応可能です。ただし、常にベストをという方針の場合、手間と時間とコストもかかります。何もしないでベターが得られるなら長期での結果としてベストを上回ることもありえます。このあたり、答えは将来になってみないとわからないんです。たとえ今のベストを選んでも次の日に状況が変わればベストでなくなることだってあるわけです。

 Tさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 毎月恒例、税理士さんとの月1回のランチ会の11月の写真をあげておくのを忘れていました。61回目は4名の参加がありました。
 191206_01
 専門士業の会合、役回り、いつもと違うエリアでの店(私も最近行かないエリア)だったので周辺事情など、おもしろかったです。ただ単に、にぎやかしのごはん写真をアップしたいだけの文章ですみません。


 6(金)午前中は2020年1月検定向けFP3級資格取得講座(全14回)第12回目の講師対応です。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)