FC2ブログ

「無料?マジで?全部?」「そこまで無料ってすごい!」を考える。


 この3年ほど気になってなかったようです。
 久しぶりに駅構内で目に入ってきました。

 200911_01

 前に記事を書いたのは2017年5月でした。
 特集「マンガでわかる 家を買うお金入門」の雑感。

-----

 200911_02

 200911_03

・「買うvs賃貸」講座の受講
・住宅購入に関する相談
・すぐに家を買わなくても先に知っておくと役立つ最新の情報
・営業は一切ない
・中立的な立場で住宅検討をサポート
・予算、希望エリアなどご要望をお聞きした上でぴったりの物件をご紹介
・モデルルーム見学の予約を代行
・検討物件の断りも代行
・ライフプランの設計や家計の見直しまでお手伝いできるファイナンシャルプランナーを無料でご紹介することも可能

 書き出してみました。


 いかがでしょう?無料でお得!と感じられただけでしたら何も問題ないかもしれません。
 職業病のようなものですけれど、なぜ無料で運営できるのか気になってしまうんです。

 担当者さんの給料は何が原資なのでしょうか。
 複合施設などにあるカウンターの運営費はどうやってまかなわれているのでしょうか。

---

 私が書くまでもありませんが、紹介料ですよね。マンション購入に進むことで事業者から物件価格の〇%が紹介料として支払われるという流れです。

 仮に物件価格が5000万円だとして、1%でも50万円です。2%=100万円、3%=150万円、実際の割合を私は知りません。大きなお金が動きますからわずかな割合でも大きな金額です。
 購入者が直接に担当さんへ支払うわけではありませんが、実質は購入者が支払っているといえる面もあるかと思います。

 もちろん買わない人もいるわけです。購入まで進まなければ運営者の収入にはならないですよね。(見学者の数で1件いくらなんて仕組みもあったりするのかもしれませんけれど…)


 「心配しなくても大丈夫ですよ」

 うーむ…

 「そこまで無料ってすごい!」

 うーむ…


 こういった仕組みが良くないってことではないんです。
 集約された情報を確認できる、販売者ではない立場の意見が聞ける、良いと思います。

 でも、買ってもらわないと収入にならないってことであれば、買ってもらう流れにするしかないです。
 もちろん手のかかる人を追わないって方針もあるでしょうから一概には言えないかもしれません。

 「無料」の背景を考えてみたいってお話です。

-----

 なお、タイトルに使われていました「裏技」には違和感がありまして「基本情報」かなと読み取りました。
 裏技って引き付けられるキーワードですよね。世の中そんなにないですよ、裏技って。

 ※ この記事は有料相談をお受けしている私によるポジショントークです。ご承知おきください。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)