FC2ブログ

社会保障と企業保障の仕組みを知って、自分に適した生命保険を考えるための研修会


 20(土)

 午前中の2時間、滋賀県守山市の某所で講師を務めてきました。
 某大手企業B組織の役付き9名の方々を対象にした研修会です。

 「社会保障と企業保障の仕組みを知って、
   自分に適した生命保険を考えるための研修会」

 項目を書き出します。

・社会保障と企業保障の仕組みを知って、
  自分に適した「生命保険」を考えるために。
・何のための生命保険か~ 人生は長い ~
・生命保険って本当に必要でしょうか。
・保険の目的は? 何に備える?
・社会保障と企業保障の考え方をつかむ!
  ~あなたや家族のための保障とは~
・将来のためだけじゃない!~公的年金~
・死亡したときに。~遺族年金~
・死亡したときに。~企業の保障(福利厚生)~
・1ヶ月の医療費が大きくなってしまったときに。
  ~高額療養費(健康保険)~
・病気やケガで働くことができない状態のときに。
  ~傷病手当金(健康保険)~
・病気やケガで働くことができない状態のときに。
  ~企業の保障(福利厚生等)~
・自分で備えるべき保障を考える!
  ~足りないことは何なのか~
・その保障、必要でしょうか?
  ~セット商品~
・必要なのは、その期間だけ?一生涯?
  ~更新型~
・いくら払うことになるのでしょうか?
  ~医療(入院)保険:終身型~
・その保障、知らないことが多くないですか?
  ~がん保険~
・「保険(共済)商品とうまくつきあっていく!」
  ~まとめ~
・不定期でもメンテナンスが必要
・すべてと、つながっている。
  ~お金にもセカンドオピニオンを!~

----------------------------------

 20名までの研修会だと、参加者1人ひとりと近くて良いですよね。
 今回は9名だったので、講義中でもいろいろと気軽に質問していただいたり、
 「うわ~、俺こんなんやわ~」って皆さんから笑いを引き出してくださる
 方がおられたり、講師側からしても、とても楽しめました。
 皆さま、本当にありがとうございました。

 とはいえ、聞いていただくだけでは意味を成しません。
 何でも構いません、まずは第一歩を動いてみてください。
 その行動(実行)がたいせつです。

 公的年金や確定拠出年金(401k)など、別のテーマでも
 講師の要望をいただきました。
 次回もリクエストいただけるなんて講師冥利に尽きます。
 お声掛けいただければ本当に嬉しいです。

----------------------------------

 書いておかないといけないことが1つ。

 私の講師活動はあくまでもサブ業務です。
 それぞれの個人や家族の課題をより良い方向に進めるためには
 相談をしていただきたい。私のお仕事の中心は「個別相談」です。

 きっかけは何だっていいんです。
 生命保険でも住宅ローンでも年金でも。
 それぞれのことは、それぞれだけでは完結しません。
 他のことと必ず絡み合ってきます。

 勉強会形式では間違いなく、絡み合う複数の要素は露出してきません。
 私のような立場の者がいるということを知ってもらうための
 きっかけでしかありません。

 もちろん、それなりに信用の置ける奴だと思っていただかないと
 いけませんので、講師の立場を利用した単なる営業活動(?)に
 なってしまわないようには十分に配慮しているつもりです。

 今回のように、私を知っていただける機会を与えていただけたこと、
 出会いのご縁に感謝です。

----------------------------------

 帰りに京都駅の昨日も行きましたふしみでランチ。
 101120ランチ
 なんと、昨日のHさんとニアミスだったようです(笑)


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)