「デフレの正体」藻谷さんの講演へ行ってきました。


 23(水・祝)
 午後から大阪へ行きました。

 女性の経済活動セミナー「女性がつくる、地域の元気」
 
 大応援している病児保育のNPO法人ノーベル代表の高さんがパネリストで参加されるということでイベントの存在を知り、大ベストセラー「デフレの正体」著書の藻谷浩介さんの講演にとても興味がありましたので参加しました。

 キーワード等のみ箇条書きですみません。
----------------------------------

■基調講演
 藻谷浩介さん
  日本政策投資銀行地域企画部地域振興グループ参事役
  NPO法人 コンパス地域経営支援ネットワーク理事長
 「人口減少時代における地域・経済の課題と、地域社会づくり・活性化へのヒント
   ~女性の活力をどう生かしていくか~」

・自分たちがどうではなく、お客さまから見てどうかを重視するのがマーケティング
・失敗を認められる社会であるべき

・関西の2005年から2015年
 15~64歳 1390万人から154万人減る
 65歳以上  約150万人増える

・肝心なことは誰も言わない日本
・エリートは試験に出ないことは興味がない。
・景気の問題ではない、人口構造の変化が大元であり大問題。
・「景気が悪い」ことに、よりどころを作る「景気病」

・東京は田舎から若い人を奪って成長してきた。
・東京は関西よりも65歳以上が増え、75歳以上も増える。
 絶対数のインパクトが大きすぎる。

・団塊の世代は平均4~5人きょうだい。
 団塊ジュニアは平均2人きょうだい
 団塊ジュニアの4割が未婚、既婚は平均1.8人を出産。
 人口が減って当たり前。
・昔は4~5人生まないと2人しか生き残らなかった。
 何万年も続いてきたことなので、4人生める女性しか生き残っていないはず。
 でも、現代は生める環境にない。

・「The Silver TSUNAMI」
 団塊の世代を中心に、ベビーブーム・膨大な住宅需要などなどを作り、
 最後に巨大な福祉産業を生み出して消えていく。

・移民を受け入れても長期的には人口構造に変化は生まれない。
 子どもの生まれない社会に若者を連れてきても、子どもは生まない。
 シンガポールで実証済み。若い移民もいずれは高齢者になる。
 人口学者的に経済学者とは移民についての議論にはならない。ばかげている。

・すでに時代は変わった。成功体験の押し付けではプラスに働かない。
・ダブルインカムにしないと3人生まれない。

・高賃金がリタイアし、機械や低賃金の若者に変わっている。
 人件費が大幅に抑制されているため、日本の国際競争力はアップしている。
・バブル期の輸出40兆円に比べ、大震災前の最大は80兆円。
 震災直後は落ち込んだが、今は70兆円台に戻ってきている。
 海外で日本製品が売れているから円高。
・企業好調による配当は、高齢株主へ。そして消費されない。

・現在1700万人の専業主婦が働ける環境を作り出せれば、就業者は減らない。
 移民も必要ない。
・年代別の職業分担の仕組みがたいせつ。高齢者には家事労働を!
・人は惜しまれて死にたい(はず)。


<所感>
 よどみのない早口で毒舌を織り込みながらノンストップの1時間20分でした。好き嫌いはあるように感じましたが、個人的には「The Silver TSUNAMI」をはじめとして素晴らしいエンタテイメントでした。これは皮肉等ではなく、いかにすればインパクトを持って伝えられるのかということを相手(お客さん)の立場になり、視覚的な資料を使って実践されている。年間400回の講演はすごいです。

 これまで拝聴した講演のなかでベストワンだと、すばらしいエンタテイメントだと思えたのは、M.Dアンダーソンがんセンター教授の上野直人先生だけでした(そのときのブログ記事はこちら)。藻谷さんの講演は上野先生と同じ領域だと感じました。すごかったです。
 また、パネルディスカッションでは毒舌や独特の言い回しは排除し、パネリストを立てるコーディネーターを務めておられました。このことも好印象につながりました次第です。

 本を書くのが仕事ではないそうなので「デフレの正体」続編(?)等はしばらく出版する予定はないということでした。だからこそオススメです。
 

 高さんにはありがたい機会をいただきました。感謝感謝です。
 高さんの発表やパネルディスカッションのことを割愛させていただくことをお許しください。
 ノーベルさんのことは、↓このブログで熱く書いております!
 ・ノーベルさんを訪問。(2010/10/02)
 もう一年以上も経つのですね^^

 <参照過去ブログ記事>
 ・「2100年、人口3分の1の日本」読みました。
 

 長文をお付き合いいただき、ありがとうございました。
----------------------------------

 24(木)終日事務所の予定です。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)