平成29年度税制改正大綱を独断と偏見の塊で書き出しました。


 2016年12月8日に、現在の政権党である自由民主党のサイトで公開されました。

 12月10日あたりが通常なので、今回はイレギュラーなしだったようです。
 平成29年度 税制改正大綱
 原文はPDFで141ページです。この大綱はほぼ確定の内容であると言えますが、あくまでも現時点における改正見込みであって、現時点においては確定していないものもありますのでご注意ください。

 実際に改正された内容は財務省のwebにまとまっていますのでご参照ください。
 各年度別の税制改正の内容

 なお、このblogでは私の個別相談で特に関わりそうな内容のみ、独断と偏見で抜粋します。

----------
【平成29年度税制改正の基本的考え方】

 いわゆる前段で気になった文章です。

■1 経済社会の構造変化を踏まえた個人所得課税改革 p2~
(1)配偶者控除・配偶者特別控除の見直し

・夫婦世帯を対象に新たな控除を認めるとの考え方もあるが、全ての夫婦世帯を対象とすれば、高所得者の夫婦世帯にまで配慮を行うこととなり、非常に多額の財源を必要とすることから、控除の適用に当たって夫婦世帯の所得に上限を設けることが必要となる。


 このあとにも3文ほどあるのですが、とにかくこれを言い出したら何も進められないとしか思えません。配偶者控除(夫婦控除)という単体で考えるからこんなことになってしまうんですよね…。どなたかわかりませんが強いリーダーシップのある政治家さんが税全体の視点を発揮されることでしか解消されないのでしょうし、おそらくつぎはぎの改正がこれからも続いていくんだろうなと感じざるを得ません。


-----
【個人所得課税】

■配偶者控除・配偶者特別控除の見直し p17~

・平成31年度以降の個人住民税の減収額については全額国費で補填する。


 一応書いておきますが、国費とは元手は税です。結局同じです。
 制度についてはあえて引用も解説もしないでおこうと思います。不満です。不服です。せめて夫婦控除のほうが良かったです。でも、それさえも不要です。

 「配偶者」はいい大人なのですから控除は対象外にして、16歳未満の扶養控除を復活させてもらいたいです。身体の弱い(もしくは高齢の)配偶者がいるのに配慮がうんたらかんたらについては、障害者控除の範囲のみ対象で問題ないと考えますし、それでもだめならそれは税の問題ではなく福祉の問題です。所得税・住民税の負担減よりももっと大きな視点を考えてもらいたいです。

 累進課税制度と所得控除の仕組みはマッチしないです。身近に感じる人が多い生命保険料控除で例を書くと、今は年間8万円以上の保険料で所得控除は最大4万円です。所得が低い人(税率5%)と所得が高い人(例えば税率20%)では、得られる効用(税軽減)に違いがあるからです。所得の高い人ほど税負担が小さくなる所得控除はすべて廃止し、所得へいきなり税率を掛けて、低い所得世帯にはしかるべき給付がある、これが良いように感じる次第です。


-----
■金融・証券税制 p20~

 
 いわゆる積立NISA(少額投資非課税制度)です。

 現状は年120万円×5年が投資元本の上限です。
 これが年40万円×20年を選べるようになります。

 現状のNISAを利用している人が積立NISAへ切り替える際の実務がどのようになるのか、私の興味ポイントはそこに限られます。


-----
■租税特別措置等 p34~


 p40で久しぶりに「国民健康保険税」という用語を見ました。
 
 5割軽減および2割軽減の算定基準となる被保険者1人あたりの額が引き上げられていました。引き上げと聞くと改悪に感じられるかもしれませんが、軽減のための計算ですから引き上げられることで軽減の傘の範囲が広がるという意味です。

 1人あたり5000円や1万円ですが、保障の傘は小さくなっているものばかりではありません。反対に言えば、取れる人(高所得者)からは取る、取れない人(低所得者)からは取らないというスタンスがより明確になってきていると言えます。


-----
■消費課税 p92~


 酒税と車両課税に多くのページが割かれていたのが印象的です。


-----
【検討事項】 p131~


 毎回気にしている検討事項なのですが、継続的なものが多いです。
 ・年金課税
 ・寡婦控除
 私が特に注目しているこの2つについては、今回で3年連続一言一句同じ記述でした。個人的に残念です。


-----
【補論】今後の国際課税のあり方についての基本的な考え方 p134~


 昨年には無かった項目です。

 1 問題意識
 2 グローバル経済・日本経済の構造的変化
 3 今後の国際課税のあり方に関する基本的な考え方
 4 個別の制度改革に当たっての視点

 こんな構成で、特に「2」が興味深かったです。

 ・日本は(中略)世界最大の対外純資産保有国
 ・海外から受け取る利子・配当等も過去20年で約4倍に拡大
 ・経常収支改善に大きく貢献している

 日本政府は国内において世界に名だたる借金国であることは、あおられたメディアによる報道によってほとんどの人が知っているわけですが、この件はなかなか取り上げられる機会がありません。

 公的年金がダメだ日本は破たんするなど言っている人は、日本が破たんする前には世界から資産を引き上げることになりますから、世界も終わってしまうレベルになってしまうことをわかっておられないように感じます。幅広く情報を得たいものです。


-----

 個人的に好きなコラムリンクをご紹介しておきます。

 ミダス王の誘惑
 ・配偶者控除より補助金を
 ・ふるさと納税のからくり
 ※ 全文を読むには会員登録が必要です。

 ふるさと納税についても思うところはたくさんありますので、またぜひ書かねばと思っています。結論として私はすぐに廃止してもらいたいと思っている制度の1つです。


 なお、平成28年度の税制大綱を取り上げたblogはこちらです。
 平成28年度税制改正大綱を独断と偏見の塊で書き出しました。

 長文を読んでくださり、ありがとうございました。


こだわりはあくまでも基礎


 先日、ファイナンシャルプランナー(FP)有志の集まる勉強会に参加してきました。

 2013年4月に第1回目同10月に第2回目、そして今回で9回目だったのですが、3回目から8回目までは参加できませんでしたので、私が最年少なのに3年4ヶ月ぶりという何とも皆さますみませんな雰囲気を一人で感じていました。

 1人が発表者になり、みんなで良い点・改善点を伝え合うという私が苦手ないわゆる模擬講義形式の勉強会でして、普段一般の方々に対してお話するのと異なり、FP実務に長けた方々を前に話さないといけないので変な汗の出てしまう場です。とはいっても、私は第1回目に少し登場しただけです。


 この3年で私も良い意味で変わったと思います。あまり何様なつもりで書くのではありませんが、テレビや雑誌などにも頻繁に登場されていたり、本も出版されていたり、多忙な日々を活躍して過ごしておられる業界の先輩は話が上手であっても、同じ人なのですから漏れはあるし抜けはあるし得手不得手もありますし、全体の構成や資料作りなどある程度いい加減と感じる部分はあるし、進みたい方向性の違いがあるだけで、こちらが劣っていたり物怖じする必要は無いと改めて感じることができました。

 言葉で表現するとマイナスな批判的なことを書いているように思われるかもしれませんが、すべては人それぞれの基準です。もちろん自分自身が完璧だなんて思っていませんし、問題ないと感じること反対に大問題だと感じることは万人に共通するわけでもありません。

 また、FP有志といっても、
 ・講師専門
 ・他の専門資格がメイン
 ・FP資格は付加価値
 こういったスタンスの方々もおられますので、実際に相談を受けることに力を入れているのは2~3名だったと思います。これもまた私のニッチ性とでもいうのでしょうか。今まで通りがんばっていこうと改めて感じました次第です。


 極端に書けばFPのつながりよりも他の専門家とのつながりを重視している私ですので、FPばかりが集まる場というのも本当に久しぶりでした。懇親会も含めて、理系なのかそうじゃないのか、単なる小姑なのかそうじゃないのか、私も細かなこだわりはおそろしく強いですが、そのこだわりはあくまでも基礎であり、でもその基礎が整っていても世の中に認知されていなければ活躍できないわけです。

 ニワトリが先か卵が先か、ではないかもしれませんけれど、何のための勉強会なのかを各自がしっかり消化しないといけないですよね。がんばらねばです。

 皆さま、ありがとうございました!


見通しから今後の方針を定めるということのほうがもっと大事


 週末~週明けの相談対応のまとめ(抜粋)です。


 10(金)午前中、宇治市の店舗経営者Hさんを訪問。

 毎年損害保険の更新に合わせてアドバイスを求めてくださっています。もちろんその背景として、これまでの1年・今後の見通しをお話しくださいますので、方針を確認するのが第一となります。
 業界特有の状況と地域性を照らして、誠実にがんばっておられるのがよく伝わってきます。私もがんばらねばです。

 Hさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 12(日)午後、市内の個人事業主Oさんのお宅を訪問。

 ご自身で概算された所得額および所得税額から、来年以降の社会保険料(国民健康保険料・介護保険料)の概算見通しと将来資金の形成についてお話させていただきました。

 当然ながら所得が増えると社会保険料も増します。税額は所得控除を活用することで一定額を抑えることができますが、社会保険料には影響がないわけです。
 税は1/1~12/31ですが、国民健康保険料は7/1~6/30ですので捉え方が悩ましいですよね…。私もできる限りわかりやすくとは思いますが、いつも複雑だと感じます。
 負担の多少はもちろん大事ですが、その見通しから今後の方針を定めるということのほうがもっと大事です。

 Oさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 14(火)午前中、奈良県某所のSさんのお宅を訪問。

 状況の変化というのは、第三者にとって経緯や経過や結果をお聞かせいただくことにならざるを得ませんし、でもお聞かせいただかないと何も動けませんし、安心してお話しいただける流れが大事だと感じます。今後に必要な手続きを整理させていただき、取り急ぎ直近は密に連携を取っていきます。

 Sさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 今週はまた寒さが戻ってきていますね。2月なので当たり前ですけれど、体調管理しっかりせねばです!

 15(水)終日外出の予定です。
 16(木)終日事務所の予定です。


飛行機・おさしみ・しゅっちょう


 親バカシリーズ(?)の蔵出し、先月の長崎出張編です。
 ※ facebookで時々書いているのをブログでまとめてるだけです。手抜きですみません。

-----

 出張前夜1

 出張前夜の長男(11歳)との会話

 長男「おとーさん、
    明日から出張やねんな」
 私 「明後日には帰ってくるで」

 長男「朝にはもういーひんの?」
 私 「学校行くのと一緒くらいかな」

 長男「飛行機やねんな?」
 私 「そやなー、
    飛行機乗るの10年ぶりくらい」

 長男「落ちたりせーへんやんな?」
 私 「おっと、その心配?」

 長男「ハドソン川の奇跡ってあるやん」
 私 「うまいこと不時着できるように
    機長さんに言っとくわ」

 長男「えっ!?知ってる人なん?」
 私 「知ってるわけないやん」

 えっと、、、
 いい加減な父親ですみません…

 ※ 映画は観てません。番宣といろんな記事だけです。
 ※ かわいいわが子たちは飛行機どころか新幹線にも乗ったことありません。

-----

 出張前夜2

 出張前夜の次男(9歳)との会話

 私 「海が近いから、おさかながおいしいらしいわ」
 次男「さかなって、おさしみ?」
 私 「そーみたいやで」
 次男「一緒に行く」

 私 「出張に?」
 次男「うん」
 私 「飛行機やで?」
 次男「大丈夫」

 私 「学校は?」
 次男「休むし大丈夫」
 私 「何が大丈夫やねん」
 次男「大丈夫」

 私 「仕事中は1人で待っとかなあかんで」
 次男「・・・
    おみやげ おさしみにして」
 私 「えー、、、無理やわー」
 次男「おみやげ おさしみ」

 回転寿司とおさしみの大好きな次男、最高です。

 ※ 出張先が出身の酒飲み仲間にオススメのおみやげを聞いたところ、ぶたまんが良いということでした。おさしみは無理です。
 ※ 家に帰るまでが出張です。

-----

 出張前夜3

 出張前夜の隊長(長女5歳)との会話

 私 「あしたから出張行ってくるね
    あさってのマラソン大会がんばってね」
 隊長「うん」
    しゅっちょうって なに?」
 私 「遠くでお仕事すること出張っていうのよ」

 隊長「ふ~ん、、、とおくって どれくらい?」
 私 「飛行機で行ってきます」
 隊長「がいこく?」
 私 「日本です」

 隊長「たーちゃんね、こんどね
    しんかんせんにのりたいの」
 私 「・・・」
 妻 「ディズニーランドのことやな」

 隊長「でぃずにーらんど いきたいの」
 私 「あったかくなったら考えようね」
 妻 「また逃げたな」

 自分の主張に持っていく隊長、すげーっす^^
 はい、親バカですよ。

 ※ マラソン大会も無事に楽しく完了したそうです。来年は絶対に(できるだけ)見に行きます。
 ※ 都合上たーちゃんとしていますが実際には異なります。

-----

 当日のアンケート集計のあとにも担当者の方々とメールをさせていただく機会があり、嬉しい感想やその後の対応もお聞かせくださっています。ありがたいことです。

 14(火)個別相談2件お受けします。


文字が多くて読み飛ばしてしまわれた方々がほとんどではないかと


 2週間前の記事 京都リビング新聞2017/1/28号特集「2017年、年金改正のポイントをチェック」 の感想が2017/2/11号に掲載されていました。

 170211_02

 おそらく文字が多くて読み飛ばしてしまわれた方々がほとんどではないかなと思いますけれど…。


 170211_01

 「年金だけの老後は不安」かどうかはまず、ねんきん定期便を確認せねば何とも言えません。安心にまで届かなくとも、意外と不安が小さくなったというケースも多々あります。もちろん反対のケースもあり得るわけですので、自分自身の数字を確認する必要があります。

 そして書いてくださっている通り「家族の年金」把握も重要です。両親については将来的に支援が必要なのかどうか、配偶者においては将来に渡って合計でどれだけ受け取れる見込みなのか、さまざまに思案する基礎となるのが公的年金です。

-----

 読者モニターさんの感想とはいえ、こうしてしっかり感想をお聞かせいただいて嬉しい限りです。

 改めてご紹介しておきます。記事は京都リビング新聞社さんのwebでも読んでいただけます。
 2017年、年金改正のポイントをチェック
 iDeCo(個人型確定拠出年金)については2ページ目です。