事例の積み重ねがある / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート59回目


 14(金)、京都府立医科大学附属病院で2012年1月より毎月開催されている「精巣腫瘍患者友の会」主催、第66回目のピアサポート(13~17時)に今回もアドバイザーとしてお邪魔してまいりました。私の参加は通算59回目です。前回の記録はこちらです。

 今回は4名の参加がありました。人数という意味合いにおいては低調な会だったと思います。でも、参加されたご家族の満足度は間違いなく高いことがひしひしと伝わってきました。


 抗がん剤治療・入院生活・大手術、当たり前ですがすべて初めての経験である人(家族)がほとんどです。治療方法という大方針だけでなく、生活に関わるちょっとした知恵、大手術前後の心構え、ケーススタディ、当事者では思いもつかないことを経験者はお話しできますし、これだけ長く続いてきているピアサポートだからこそ事例の積み重ねがありますので伝えられる情報が多岐にわたります。

 当事者でない私が見聞きしてきたことであっても、治療中の方々にとってはたいせつな情報です。伝え方には気をつけているつもりですけれど、できる限りの選択肢は知ってもらいたい気持ちは強いです。


 がん患者さんをサポートする側におられた専門家さんが別の病気で府立医大に入院されていまして、ピアサポートに参加くださいました。
 当事者になって初めて分かったこと、でも専門知識があるからこそ伝えられること、とても明るくお話しくださったのが印象的でした。
 積み重ねって大事ですよね。こういった場の重要性は言葉で言い表しにくいです。

-----

 ピアサポートとは「同じような立場の人によるサポート」という意味です。20~30代が好発年齢の精巣腫瘍。働き盛りであるがゆえ、お金の情報面でのサポートは必要性・重要度が本当に高いです。

 現在の私は患者会さんを通じたボランティアです。近い将来、がん相談支援センターなど患者にとって比較的足を運びやすい場所で、ファイナンシャルプランナー(FP)知識を持ち、相談実務のある専門家が当たり前に相談員として病院に採用され、いつでも相談を受けられるような社会になっていてもらいたいと思っています。

 これまで私がお受けした質問への回答は、すべてではありませんが主なものをこちらにまとめています。
 がんに関する医療制度とお金のQ&A【メルマガ寄稿】
 何かの参考になりましたら幸いです。

----- 

 次回は8/25(金)です。原則第2金曜日ですが、お盆期間などの関係で次回は第4金曜日です。ご注意ください。ピアサポートは患者会さんはサイトだけでなくfacebookページもありますので、ご興味お持ちの方はぜひチェックしてみてください。
 精巣腫瘍患者友の会【J-TAG】facebookページ
 私は京都でのピアサポートだけに参加していますが、ピアサポートはつくばでもおおよそ毎月、不定期ですが大阪(吹田)や東京でも開催されています。

 これらの情報は患者会さんのサイトで公開されていますのでぜひ参考にしていただきたいです。

 共同代表の古谷さん、参加された皆さま、今回もありがとうございました!!

----------

 15(土)・16(日)久しぶりに連休をいただきます。
 17(月・祝)終日事務所にて個別相談2件お受けします。


長期の基準


 皆さんは「長期」と耳にしたら、どれくらいの期間をイメージされますでしょうか。

 長い期間、略して長期。
 関連する言葉としては、短期・中期でしょうか。
 中長期という表現もありますよね。超長期もありますから、反対に超短期もあるということでしょう。

 超短期
 短期
 中期
 中長期
 長期
 超長期

 区分けはこんなところでしょうか。

-----

 ファイナンシャルプランナー(FP)に領域におきまして、人生計画ともいえますからとても長い先を見た情報を取りまとめる必要も出てきます。
 今から考えて例えば数十年も50年以上も先なんて誰にもわからないことですが、今の数字をまとめて当てはめることで1つのイメージを持つことは可能だと思っています。


 その視点において私は次のように考えます。あくまでもイメージです。

 超短期 数日~1ヶ月程度以内
 短期  1年以内
 中期  5年以内
 中長期 10年以内
 長期  10年超
 超長期 30年超

 金融の世界には長期金利という言葉があります。これは10年が目安です。

-----

 なぜこんな内容を書いたのかというと、某証券会社の営業担当さん(私は初見)が高齢の顧客(私の相談者さん夫婦)に対して金融商品を提案される際、投資信託については「長期で保有するものですから」という表現を何度か使っておられました。

 私のこの相談者さんとのお付き合いは1年弱、この担当さんは1年超で前任やその前の方々から考えるともっと長いお付き合いです。その間の保有銘柄の変遷を見てみると、1つの銘柄(投資信託)を1年以上続けて保有されていることはありませんでした。年単位で考えれば次々と新しい提案が出てきて、入れ替えが数ヶ月~半年ごとに繰り返されていました。


 証券会社の営業担当さんからすると、長期とは1年と考えるのが妥当なのだと感じました。
 証券会社の現在の主力商品は投資信託や債券だと感じます。一昔前は株です。インターネットの発達した現在おいてデイトレードなど、今日買って今日売る・今日買って明日売る、これを短期(もしくは超短期)とした場合には1年だって長期と言えるかもしれません。

 でも、私はこの視点には賛同できません。私の考える長期は10年超です。超ということで上限は無いということです。10年を超えた後は「一生涯」であるのが長期です。


 京極・出町FP相談におきまして投資信託など金融商品の活用をお勧めする場合には10年を超える長期の保有を前提とします。10年超を基準に考えると流行物(はやりもの)は候補から外れます。値が上がったときを見極めて売り抜けるような技術の指南は不可能です。

 他にも視点はあってしかるべきです。正解はないのだと思います。お役に立てる機会がありましたら幸いです。

 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> 資産運用相談ライフプラン相談


カテゴリーごとにお勧め記事をピックアップ : 損害保険編<その2>


 諸般の事情により、カテゴリごとに過去記事を振り返る投稿の第4弾の2回目です。


■損害保険<その2>

 火災および自然災害です。

-----

洪水ハザードマップと想定降水量 2014/08/19

 ハザードマップで想定されている雨量の考え方をまとめています。
 まずはイメージできる状態にまで到達することが大事です。


実際の数字を把握したうえで -台風11号通過後の鴨川の写真- 2015/07/20

 鴨川のこの写真は個人的にも衝撃的です。
 でも、これ以上を想像しにくいです。


自分自身で備えておく「ハザードマップ+自治体名」の検索 2015/09/15

 今回の九州豪雨、福岡県朝倉市の件、ハザードマップの想定雨量は48時間521mm(150年に1回クラス)でした。でも実際には24時間で約530mm。詳細なエリアはどこなのか私にはわかりませんが、想定を超えすぎた大災害だったことは間違いないようです。
 こちろんこれは結果論です。雨が降っている最中にリアルタイムで累計降水量の情報を得ている人がどれだけいるのかわかりません。でも、だからこそためらわずに避難していただきたかったですし、そのように早期に発信される社会の仕組みであってもらいたいと願うばかりです。


2017年1月から地震保険の半損の細分区分が見直されます。 2016/02/24

 この改正内容はどこまで知られているかわかりませんが、最近は特に目にしなくなったように思います。そもそも元々の区分も一般にはどれだけ把握されているのかよくわかりませんけれど…。

-----

 前回の記事はこちらです。

 カテゴリーごとにお勧め記事をピックアップ : 損害保険編<その1>

 今回で「損害保険編」は完了です。


カテゴリーごとにお勧め記事をピックアップ : 損害保険編<その1>


 諸般の事情により、カテゴリごとに過去記事を振り返る投稿の第4弾です。


■損害保険<その1>

 このブログではこれまで、生命保険と損害保険は同じ保険商品として1つのカテゴリにまとめていました。以前は生命保険の記事を書くことが多かったのですが、最近は損害保険が多い印象です。あまりにも内容の異なる2つの共存はわかりにくいかと感じ、今回を機に2つに分けました。

 そして、その1では自動車関連を取り上げます。

-----

自転車の視点、自動車の視点。 2014/05/28

 情報を見れば見るほどに、都市部において運転することのメリットよりもデメリットが多いように感じてしまう私です。郊外においては間違いなく生活の足から一概には言えません。
 都市部以外と比べて人通りが多く、自転車が多く、道が狭く、そして移動手段が他にも整っている傾向にあるのであれば、運転しない選択肢も大事です。


シートベルトの着用率(2014年10月) 2015/02/18

 2016年10月版のデータも出ていましたが、ほぼ変わっていませんでした。
 これだけ言われていてもまだこれだけ後部座席のシートベルトは着用率が低く、そしてチャイルドシートも利用率が上がってきません。衝撃的です。


自動車保険の任意保険加入率と対人賠償に対する個人的な考え 2015/07/31

 最後に書きました私の個人的な考えは今も変わっていません。


事故のあと不利になるのを防ぐドライブレコーダー 2016/08/10

 最近知り合いがバイクで走行中に事故に遭いました。バイクにもドライブレコーダーがあれば話が早かっただろうに…と感じるものでした。

----

 その2へ続きます。その2は火災および自然災害です。


入れ替え言葉・およげたいやきくん・ヘビの絵


 親バカシリーズ(?)の蔵出し、次男編です。
 ※ facebookで時々書いているのをブログでまとめてるだけです。手抜きですみません。

-----

 入れ替え言葉

 4年生の次男、特に朝はにぎやかです。

 「テレビつけて はなぱっか 見ていい?」(※1)
 「ハムパン、マネヨーズ にする!」(※2)
 「ウインナーに ペチャック かーけよっと」(※3)

 おいっ、最後のは入れ替えと違って変わっとるやないかいっ!
 あー、かわい^^

 ※1 Eテレはなかっぱ
 ※2 マヨネーズ
 ※3 ケチャップ

 ※ こちらもつられて「今日はペチャックでいいんか?」と聞いてしまったりしています。

-----

 とある夜、次男がご機嫌に歌っていました。

 次男「まいにちーまいにちー♪
    ぼくらはてっぱんのー♪
    ・・・
    この歌って、たこやきやったっけ?」

 私 「たいやきやな
    およげたこやきくんちがうな」

 次男「およげたこやきくん…
    およげやきそば!」

 私 「全然変わってきてるな」

 とりあえずにぎやかなわが家です。
 あー、たのし^^

 ※ 6年生の長男は読書中、隊長(長女5歳)はりかちゃんとつばさちゃんで遊んでいました。
 ※ 次男はお風呂でも何やら歌うのが楽しいようでご近所迷惑になってないか気になっています(笑)

-----

 事務所には大きなホワイトボードがあります。

 先日、次男だけ学校から早く帰ってくる日があり、妻が隊長の幼稚園で用事があったので、次男は学校から直接事務所に来ることに。

 ランドセルを背負ってニコニコしながら事務所に入ってきた次男。
 少しおやつを食べて宿題を始めたのはいいのですが、脱線しまくってホワイトボードに楽しそうに描いていました。

 「このヘビだけやったらパソコンにのせてもいいでー」
 というお許しが出ましたので投稿します。

 170710_01

 あー、かわい^^
 はい、親バカですよ。

 ※ 宿題が終わったと同時くらいに妻も帰宅したと連絡があり、「帰るわ!」とニコニコしながら事務所を出ていった次男です。
 ※ ランドセルを背負って1人歩いて行く次男の後ろ姿、まだまだかわいかったです^^

-----

 この2ヶ月ほど珍しい傾向なのですけれど、平日の相談依頼をいただくことが多く、週末の予定に余裕があります。
 土日が休みの方々の相談はもちろん土日にしか受けられませんので、基本的には1日2件までを自分ルールにしていますが、日によっては3件お受けすることも多かったんです。この2ヶ月ほどは3件になってしまうことはなく、1件の日も。

 その分、以前に比べればありがたいことに平日が埋まっているわけですが、現状の予定では当面こんな感じです。相談対応は喜んでお受けしていますので、土日でもご遠慮なくご希望をお聞かせくださいませです。お役に立てる機会がありましたら幸いです。