FC2ブログ

取材依頼に思うこと


 先日とある紹介のご縁で某新聞社さんの取材、というより取材前のご意見伺い?で連絡をいただきました。

 紹介者である専門家さんからは「こういう内容なので伊藤さんが適任だと思いまして、連絡してもらって大丈夫です?」と丁寧な前振りがありまして、私はどちらかといえばこういった取材は乗り気ではないのですが、とりあえず一度話を聞いてみなければ答えられる内容なのかそもそも協力できる内容なのかわからないので連絡いただくことは何も問題ないと回答したという流れです。


 私としては次の点が気になるわけです。

 ・世の中に何を伝えるための記事(取材)なのか
 ・その取材を受ける私のメリットは何なのか
 ・その取材を受けるにあたって私がどれだけの時間を使う必要があるのか
 ・資料作成なども必要になってくるのか
 ・取材を受けるにあたって報酬は発生するのか

-----

 専門家さんから事前に「こういう内容」と聞いていましたので、記者さんはおおよそ伝わっているものだとの認識で連絡くださったのかもしれません。

 電話でこちらから前提を確認する間もなく、いきなり今回の内容の背景や取材の現状、今後の予定など一気に(でも穏やかに)話されました。


 私は戸惑うわけです。記者さんは私のことを調べておられるかもしれません(実際にオフィシャルサイトなども事前に見てくださっていました)が、私は記者さんのことを知りませんし、どの知識レベルなのかもわかりません。短時間ではとっても答えにくいんです。

 そして、報酬について確認したところ「記事にすることができれば後日私が菓子折りを持ってお邪魔を…」ということでした。


 私には専門家として意見を求めてくださっているわけです。繁華街などで突然に一般市民の立場で意見を求められたり、事故などを見た目撃者として状況説明を求められているのではないんです。

 記者さんだって給与が出ているから記事にするわけです。他に仕事を持たない完全なるボランティアで多くの時間と経験を使って取材するというのは生活を考えれば不可能なはずです。でも、その不可能を求めてこられるんです。

 例えば飲食店で「取材です。試しに食べさせてください」、これは店の名前や写真も取り上げられるなら「広告宣伝」として問題ないのかもしれません。店の名前・写真を出せるかわかりません、記事もどんなふうになるかわかりません、でもとりあえず試しに食べさせてください、こんなの言われたら困りますよね。

-----

 原則として私は記事が掲載される前に内容を確認できること、締切に時間も確保されていて修正も可能であるケースでしか取材はお受けしません。

 著名な方々や権威のある方々とは異なり、1人の弱小個人事業主です。意図しない内容で取り上げられてしまうことは絶対に避けなければなりませんし、記事になるかもわからない内容の取材であれば余程の賛同できることやメリットのあることが大前提になります。


 お金じゃない心意気だと言われれば私は候補から外していただくことになります。お金じゃない心意気のスタンスで取材を受けてくれる専門家を探していただきたいです。私はそんな怖いことを受けられません。

 ここで書いたような内容を記者さんに伝えました。今回はまだまだ進行中ということで、私以外に聞くならこんな立場の方々が対象になると思うとだけはお伝えしまして、どうしても伊藤の意見が必要な場合はまた相談させてくださいということでした。おそらくもう連絡が入ることは無いと感じました。ややこしい専門家ですみません。


 <過去参照記事> 週刊東洋経済の特集「格差サバイバル術」に匿名で誌面に登場しました。

 このときの紹介者である専門家さんは最初から報酬ありが前提で紹介してくださったので、とっても進めやすかったです。

 数年に1回あるかないかの頻度ではありますが、取材の依頼があった場合にこの記事のリンクを事前に紹介していこうと思います。



今さまざまなことに多くの時間を使う


 先週の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 上京区のTさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 住宅購入に関する資金計画相談を中心にお受けしています。普段から密にメールで状況をお知らせくださっていますので住宅ローンの選び方など、これまでのまとめを中心としてお話となりました。メールの内容を改めて直接お話しできると、より理解が深まりやすいと思います。

 勤務先で確定拠出年金が導入されるということで、税軽減効果や運用の考え方、運用商品選定のポイントなどもお話しできました。こうしてさまざまに関わる内容を一度に聞いていただけるのがFP相談の大事な点だと感じます。

 Tさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 奈良在住のSさんが事務所へお越しくださいました。

 昨年整理された運用商品への向き合い方の現状、昨今話題の副業に関する社会保険や税の考え方と問い合わせ先、昨年に見直し方針の固まっていた生命保険商品の手続き状況などを確認させていただきました。いずれも、心穏やかにシンプルな収束に向けて進んでいます。良い感じです。

 お金のことを常々考えるのを趣味の域だと割り切って多くの時間を使うスタンスはもちろん人それぞれですけれど、多くの人にとっては無理なことです。将来に必ずベストな結果にはならないかもしれませんが、いかにシンプルな向き合い方を選び(お金に関しては)ベターな結果さえ得られれば、今さまざまなことに多くの時間を使う人生のほうが良いと考えるのが私の相談対応です。

 「感動の嵐でした」との感想もお聞かせくださり嬉しい限りです。

 Sさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 先週から今週はおかげさまで相談対応のご依頼を多くいただいています。来週(2/18)以降は比較的余裕があります。皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

 13(水)・14(木)それぞれ個別相談2件お受けします。



それぞれどんな目的のための手段として活用するのか


 今月上旬の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 宇治市の店舗経営者Hさんを訪問。

 損害保険の更新時期に現在の状況に照らして問題ないか確認のための毎年の定期訪問です。
 自然災害や手続き、そして生命保険・小規模企業共済など退職金積立についてのご質問もありました。

 「年に1回、こうして会っていろいろ話す機会はたいせつだと思っています」と嬉しいお話もしてくださり、早いものでお付き合いも丸7年です。

 Hさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 上京区のTさんが事務所へお越しくださいました。

 昨年からの検討事項であった生命保険とiDeCo(個人型確定拠出年金)。生命保険は某大手生命保険会社で営業年数の長い担当さんからの手厚いプランを提案されておられましたが、非常にシンプルな必要最小限のプランで進められることになり、iDeCoは必要書類への記入をサポートさせてもらいました。

 生命保険に加入することやiDeCoを始めることが目的になってしまうのは違うことだと感じます。それぞれどんな目的のための手段として活用するのかを明確にできれば、これからの付き合い方に理解が深まりますし、その理解があれば本当の目的に向かって進む際に活用する手段にぶれが出てきにくいと感じます。

 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 料理人Yさんと毎年恒例のサシ新年会を。

 早いもので今回で4回目です。ちょっとここでは書けない生々しい仕事での体験や、深すぎる人間関係、そしてほんわかする家族の話題など、とあるご縁から始まったサシ飲みですけれどサービス業という共通点があるとはいえまったくの異業種の専門家として、いつも楽しい時間です。

 料理人さんのつながりでのお店なので、なかなか知ってないと足を運ぶ機会のなさそうな場所にあったりしますので、それも楽しみの1つです。

 Yさん、ありがとうございました!!


 料理の写真も撮らず…すみません。

-----

 三連休ですね。三連休からしばらく冷え込むようですね。北海道の最高気温がマイナス10度以下というとんでもない状況は別として、冷え込むといっても例年に比べればまだまだ厳しい寒さとは言いにくい京都(関西)かと思います。この冬は暖冬ということで、でもインフルエンザは爆発的に流行っているようで、この寒さでまた広まってしまわないことを願うばかりです。おかげさまでわが家はみんな元気です。


 11(月・祝)・12(火)ともに個別相談1件お受けします。



これから起こる人生の出来事の数や種類が違いすぎます / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート京都69回目


 8(金)、京都府立医科大学附属病院で2012年1月より開催されている「精巣腫瘍患者友の会」主催、第78回目のピアサポート(13~17時)に今回もアドバイザーとしてお邪魔してまいりました。私の参加は通算69回目です。

 前回、11月の開催の記録は↓こちら。京都は今年度からおおよそ3ヶ月に1回の開催です。
 こうして集まれる場、本当に本当に大事だと毎回感じます / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート京都68回目

 大阪(吹田)はおおよそ毎月の開催で、私は3ヶ月に1回を目標に参加しています。
 私が前回参加した12月の記録は↓こちら。
 不安を感じて当たり前 / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート吹田2回目

-----

 今回は11名の参加がありました。

 手術への心構え、手術の内容によって継続的に処置の必要なものが出てきた場合の実際、発見時の経緯、副作用としての手足のしびれなど、罹患するのは10万人に1~2人という難病並みの希少さゆえに、治療する病院によっては孤独な戦いとなってしまう精巣腫瘍です。経験者の方々や実際に今が当事者である方々の情報共有や話せる場は本当に大事です。


 今回は私への質問が2件ありました。

・治療が落ち着いて年数が経ち、まわりの知り合いを見ていると生命保険や医療保険に当たり前に加入している。加入を検討しないといけないと感じ、無料の来店型保険ショップで受けた提案についてアドバイスがほしい

・住宅ローンと団体信用生命保険、そして相続(誰が引き継ぐのか)についての質問

 残念ながら一律にここ(blog)で書ける答えはありません。事情や状況はケースバイケースだからです。
 でも間違いなく1つだけ言えるのは、生命保険・医療保険・団体信用生命保険を取り扱う保険の募集人(営業担当さん)や金融機関の担当さんの保険商品に対する知識や加入にあたって必須となる健康状態の告知に関しての理解度は本当に人それぞれだということです。
 もちろん私が1つの漏れもない完璧だなんて思ってませんが、それにしても危うさを感じることが多いのもピアサポートを長くお手伝いしているからこそだと思う次第です。

-----

 20~30代が好発年齢の精巣腫瘍。そして適切な(標準)治療を受けることで8~9割が治る精巣腫瘍。

 人生は長く続きます。いわゆるリタイア後世代(公的年金受給者)が罹患するのとは考えないといけないこれから起こる人生の出来事の数や種類が違いすぎます。若い世代だからこそ、社会保険をはじめとした制度やお金の情報面でのサポートは必要性・重要度が本当に高いです。

 治療の方向性が定まったり、治療が落ち着けば、私の専門分野で質問が出てきます。お役に立てるようがんばらねばです。


 私の専門性につきまして、これまでお受けした質問への回答はすべてではありませんが主なものをこちらにまとめています。
 がんに関する医療制度とお金のQ&A【メルマガ寄稿】

 現在の私は患者会さんを通じたボランティアです。近い将来、がん相談支援センターなど患者にとって比較的足を運びやすい場所で、専門家としてのファイナンシャルプランナー(FP)が当たり前に相談員として病院に採用され、本人や家族がいつでも相談を受けられるような社会になっていてもらいたいと強く願っています。

-----

 2018年度から原則3ヶ月に1回開催の京都ですが、次回は臨時的に2019/3/8(金)の開催が決定しました。詳細は患者会さんのオフィシャルサイトやfacebookページで吹田(大阪)や筑波(茨城)の開催案内も掲載されていますので、ご興味お持ちの方はぜひチェックしてみてください。
 精巣腫瘍患者友の会【J-TAG】facebookページ

 共同代表の古谷さん、参加された皆さま、今回もありがとうございました!!

-----

 9(土)個別相談2件お受けします。


ごはんつぶ・とくいなこと・どんぐりと公園


 親バカシリーズ(?)、隊長(長女1年生)編です。
 ※ facebookで時々書いているのをブログでまとめてるだけです。手抜きですみません。

-----

 ごはんつぶ

 兄2人よりもなぜかお姉さん気分の隊長です。

 とある晩御飯での会話

 隊長「ちいにいちゃんって
    ほっぺたにごはんつぶ よくつけてるよね」

 私 「そうやなー^^」
 次男「そうかなー」

 隊長「ほら そこついてるやん」
 次男「あっ、ほんまや」

 隊長「^^」
 私 「ま、そんなこと言ってるたーちゃんにも
    ついてるけどね」
 次男「あっ、ほんまや」

 左のほっぺにしっかりごはんつぶをつけて、お姉さん気分の隊長最高です。
 あー、かわい^^

 ※ 隊長はごはんつぶを取って「あれっ?」って感じでニコニコしてました。
 ※ 1年生も3学期になり、さすがにこの傾向(お姉さん気分)は小さくなってきています。
 ※ 都合上、隊長をたーちゃん、次男をちいにいちゃんとしていますが実際には異なります。

-----

 1学期のプリント

 隊長が1学期の前半に「自分のことを話そう」というお題で書いたそうです。

 190208_01

 とくいなこと・・・たっきゅう

 確か春休み、兄(長男)が卓球部に入るような話になり、押し入れからラケットを出してきて球に慣れるためにいろいろやらせてみたら隊長もやってみたくなって、私が過剰に「じょうず!^^」って褒めすぎたようです。
 その1回で卓球が得意なことになってしまいました(笑)

 うん、隊長最高です。
 あー、かわい^^

 ※ 「さっかあ(サッカー)」は幼稚園のときに残り遊びでサッカー指導のお兄さんに教えてもらって楽しんでいた良い思い出です。
 ※ 「ぴっぴいちゃん」は隊長の宝物、うさぎのぬいぐるみです。
 ※ 次男(5年生)も兄に触発されて月に1回の授業「クラブ活動」で卓球部に入りました。私のラケットを使ってます。

-----

 隊長と京都御苑

 すみません、秋の話です。

 授業で使うどんぐりを拾いに行くだけのはずだったんです。

 どんぐりがたくさん落ちている場所は知っていたので「いっぱいあるねー」「これきれい!」「これおっきい!」「このかさ かわいい!」とニコニコで早々に完了。

 ちょっとだけ散歩して帰るはずが「おとーしゃん、こうえん いこーよー」ってことで、家から遠ざかる公園へ移動。

 「いっぱいおしたらあかんでー」と言われながらも、おとーちゃん(私)はいっぱい背中を押しましたよ。
 「こわいー!やめてー!」キャッキャと言われて、ほのぼののんびりできました。

 190208_02

 隊長、あなたは最高だ。
 あー、かわい^^
 はい、親バカですよ。

 ※ 今はもう寒くて無理です。
 ※ 隊長と私の2人で出かけました。長男(中学1年生)や次男はもうついてきてくれません。

-----

 facebookの投稿も一時期は1日1回を(仕事柄)心掛けていたのですが、最近は週1~2回です。だんだんと親バカネタの在庫が減ってきています(苦笑)
 数年前以上の投稿内容で、blogに使っていないものもあるので、そんなものまで引っ張り出してしまう反則技を繰り出すか葛藤しています(どうでも良い話ですみません。


 8(金)午後は第78回目の精巣腫瘍患者友の会ピアサポートにアドバイザーとして参加してきます。私の参加は69回目です。