「厚生年金や健康保険の保険料の決まり方に納得しました」


 16(土)午後、第7シーズン3回目のミニセミナーを事務所にて開催しました。

 自分や家族に関わる制度を把握!会社員・公務員のための源泉徴収票の読み方セミナー

 内容は1回目・2回目とまったく同じですので、1回目の記録記事もご参照ください。
 源泉徴収票の読み方から「税計算の流れ」「控除の仕組み」「今できること」を知る / ミニセミナー第7シーズンスタート!


 受講くださった皆さまの感想を一部ご紹介します。

 「所得や控除の言葉の意味がよくわかりました」

 「自分では計算できそうにないが、流れがわかって勉強になった」

 「厚生年金や健康保険の保険料の決まり方に納得しました」

 嬉しい感想をありがとうございます!
 ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました!!

-----

 これまでの企画はどこか他で講師を務めたことのある内容を最新に更新し調整して開催してきましたが、今回の新企画は完全新作でしたので正直に書きまして生みの苦しみがありました。「会社員・公務員のための」としていたとはいえ受講くださる方々の属性が定めにくかったからです。

 今後、関連する依頼があった際にはベースとできるコンテンツになりました。全3回、受講くださった少数の皆さまには感謝を申し上げます。私も楽しかったです。
 

 事務所ミニセミナーの第7シーズン(計3回)が今回で終了しました。2016年8月からおおよそ毎月開催してきました事務所セミナーも、おかげさまで次回で22回です。

 来月からは第8シーズン!2回目の開催となる「相続」です!
 資産の大小は関係ありません 知っておきたい!はじめての相続たいせつな基礎知識源泉徴収票の読み方

 1回目は7/21(土)です。申込みサイトは近日中に公開予定です。
 詳細は、自主開催セミナー情報をご参照くださいませ。


結局のところ将来は予測不可能


 先日、京都市内某所で開催されました講義を受講してきました。

 先日受講しました 何のために投資をするのか と関連している講義です。

 今回は兆を越える金額を扱っておられる機関投資家の運用部門の責任者さんが講師で「投資信念とポートフォリオ運用」というお題目でした。


 多くの年で平均を上回る運用成績を得てこられたご自身の実績と経験を元にした講義で、結局のところ将来は「予測不可能」ということをしみじみとお話しされていたのが印象的でした。

・世の中は予測であふれているが、軸足が予測にあると異なる状況が発生したときに確実に対応が遅くなる。
・過去の実績による標準偏差ではリスクは管理できない。
・値動きとは日々独立した動きをする。前日や前月の動きは関係ない。
・相場とは欲と恐怖である
・大暴落を知って想定しておくことがリスク管理につながる
・外国株式に比べて日本株式のリスク(標準偏差)が高いのは、1国への集中投資だから。外国株式は何十もの国で構成されているので分散投資できている。


 将来を考えるうえで、地震大国であり少子高齢化を突き進む日本にはかなり悲観的な立場で、国際分散投資の重要性を強く主張されていました。

-----

 投資・運用をしていくなかで、国際分散投資の重要性には異論ありません。

 講義後の質問で受講者の1人が「毎年たった1%の超過(平均を上回る)収益は大したことないと思うのですが(意訳)」と驚愕の発言をされ、毎年1%もの違いは長期で見れば大きな差があること、兆という莫大な資金の行き先は良くも悪くも限られること、収益の差を生むためにコストの観点も私は理解しているつもりです。


 兆という単位はともかく、すでにあるまとまった金額を運用する立場の方々と、例えば私たちのようにこれから将来にかけてまとまったお金を作るためにコツコツと積み上げていく必要のある場合、この2つの違いを他の受講者の方々はどれだけ理解して聴かれているのだろうと感じたのが私の最大の関心事です。

 結局のところ行き着く先として、将来は誰にも予測不能なので、地球全体丸ごとを対象としてコツコツとお金を積み上げていきましょうということなのだと理解しました。私は自国、日本にそれほど悲観的になっていません。


 理論的にはいくらでも学ぶ情報はあるでしょうし、学ぶことに無意味なことは無いと思っていますが、この分野を特別な専門とする人以外は私も含めて今回の内容までで十分であると感じました次第です。専門家の方々のお話を聞くと、考え方を整理できます。インプット、たいせつにしたいです。

 関係者の皆さまに感謝を申し上げます。

-----

 今回の受講内容とは異なりますが、参考情報を1つご紹介しておきます。

 長期投資仲間通信インベストライフ® 2018年6月15日号
 特集1 100歳人生のお金との付き合い方(PDFファイル注意)
 (金融庁主催「つみたてNISAフェスティバル2018」基調講話全文)

 岡本さんとは直接にお会いしたことは残念ながらまだないのですが、共通の知り合いが多く、SNSでは何度かやり取りさせていただいたことがあり、いずれと思っています。

 A4で8ページ分ですから少し長いかもしれませんが、本質が書かれています。
 超オススメです。


ありのままの・弟子・朝の準備


 親バカシリーズ(?)、次男(5年生)の昨年度を振り返る編です。
 facebook投稿のまとめです。手抜きですみません。

-----

 とある日、次男がええ声~で歌っていました。

 「ありのぉ~~~♪ まぁまぁのぉ~~~♪♪

  ありのぉ~~~♪ ふぁふぁのぉ~~~♪♪

  ありのぉ~~~♪ はぁはぁのぉ~~~♪♪」

 長男「ありのははの になってるやん
    アリのお母さんやん」

 隊長「ありのままの やで」

 わが家はいつも絶好調です^^

 ※ 特に何も意味はありません。子どもってそんな感じですよね。

-----

 弟子

 とある日の次男との会話

 次男「おとーさん、
    【弟子】これって何て読むんやったっけ?」

 私 「あー でし やな。師匠と弟子の でし。
    ドラゴンボールでいうところの
    亀仙人のじっちゃんと悟空・クリリンやな」

 次男「ふーん…やっぱり…
    じゃあ、【弟弟子】これは ででし?」

 私 「おとうとでし やな、弟子の後輩。
    ドラゴンボールでいうところの…」
 次男「うん、わかった!ありがと!」

 話の長いお父ちゃん(私)を一刀両断する間を覚えた次男、頼もしい限りです^^
 はい、親バカですよ。

 ※ ででしって いい感じですよね。ちなみに弟子は小学2年生で習います。次男は弟が2つ並んでいて悩んだようです。
 ※ 自宅から徒歩2分の実家にドラゴンボール全巻揃ってまして、次男と長男も何回読んだかわかりません。

-----

 平日の朝、次男は時間の流れ方がゆっくりです。
 まったく準備が整ってないのに、じっくりEテレを見てることが多いです。

 妻 「はみがきは?」
 次男「これからー」

 歯磨きを終えた次男はテレビの前に。
 妻 「ハンカチは?」
 次男「これからー」

 ハンカチをポケットに入れた次男はテレビの前に。
 妻 「食べたお皿片付けてやー」
 次男「これからー」

 お皿を片付けた次男はテレビの前に。
 妻 「もう全部準備できた?」
 次男「うん」

 私 「ほんまに?」
 次男「ほんま!」

 私 「給食袋は?」
 次男「あっ!」

 給食袋を準備する次男はテレビの前に。
 次男「ちゅうしょくぶくろ準備できた!」
 私 「ん??」

 次男「ちゅうしょくぶくろ」
 私 「給食袋」

 次男「昼食袋」
 私 「やるなー」

 天才次男、最高です^^
 はい、親バカですよ。

 ※ ほっといたら良いんですけど、ついつい口出ししてしまう父(私)と母(妻)です。
 ※ 長男はいつの間にか準備を終えて、静かに本を読んでるかテレビを見てます。
 ※ 隊長(長女)は朝からいくつ食べるの?ってくらいパンをもりもり食べてます。

-----

 今月、6月は次男月間です。今月で11歳になりました。
 誕生日投稿は子どもたち3人分をまとめて秋にまとめます。


 16(土)午後は事務所ミニセミナー、今回は会社員・公務員のための源泉徴収票の読み方セミナーです。早いもので第7シーズンも最終の3回目です。
 17(日)お休みをいただきます。



結果的に問題なしであれば良いとはいえ


 今週前半の相談対応などのまとめ(抜粋)です。


 大津市のMさんが事務所へお越しくださいました。
 早いもので今年でお付き合いが10年になるMさんです。

 今回はiDeCo(個人型確定拠出年金)とつみたてNISA(少額投資非課税制度)の比較を中心に、住宅ローン・繰上返済と教育資金のバランス、がん保険と緊急予備資金という流れとなりました。

 お金に関する制度を利用するには、そもそもそれらの制度に振り分けるお金はおおよそどこで使うものなのかをイメージしておく必要があります。有利だからとやみくもに使って、結果的に問題なしであれば良いのですが後でびっくりというのはさけたいものです。

 そして、責任回避するつもりはありませんが、正解(最善だったかどうか)は将来になってみないとわかりません。でも選択肢を知るのは本当に大事です。

 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 下京区のEさんが事務所へお越しくださいました。

 いわゆる定年退職・再就職と社会保険に関して相談をお受けしました。
 かなり特殊な再就職の形態でしたが、本筋は具体的な金額負担(保険料)の違いと給付を受ける項目の比較です。

 ご自身でも各役所へ問い合わせをされており、それぞれの回答内容について私からのアドバイスでつながったイメージを持ってくださいましたし、より具体的な給付の情報も知っていただけたのでかなり喜んでいただけました。

 これからの資金計画や生命保険・損害保険の相談もご依頼いただくことになりそうです。

 Eさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 とあるご紹介のご縁がきっかけで、同年代の税理士さんが事務所へお越しくださいました。

 初対面でしたので非常に恐縮してくださっていたのが印象的です。このブログを読んでくださっている皆さんご存知の通り(?)の私ですから、来るもの拒まずですし、前もって連絡さえいただいていれば時間はしっかり確保したうえでお会いしています。私の役割や専門性を理解してもらうのは多くの時間が必要ですので…。

 税理士さんとして現在の顧問先さんなどに私がどのように関わることができるのか、それによってどんな効果を生み出すのか、かなり具体的にイメージしながらたくさん質問してくださいましたので、私が多くしゃべりすぎたように思います。
 私からあれもこれも聞かれていないのにお話しするのはお互いのためによくありませんが、質問をいただくとなれば端的を意識しているとはいえ長くなってしまうのが私のややこしいカバー範囲だと思っています。

 税理士さん、ありがとうございました。
 ご一緒できる機会があれば嬉しいです。

-----
 
 14(木)出たり入ったりの一日です。
 15(金)終日事務所の予定です。


京都市のがん検診と胃がん層別化検診


 久しぶりにコラムを書きました。

 京都市「がん検診」2018年

 京都市のがん検診は年々といって良いほど充実が進んでいるように思います。

 胃がん層別化検診、これ良いですよ。
 胃カメラが怖くて受診への一歩が踏み出せない人、多いと思うんです。


 私もそれに近い一人で、数年前に市販(?)の血液でのピロリ菌検査を受診しました。それなりの値段(数千円)しました。

 経緯としましては、私の父がピロリ菌の保菌者だったことがわかり(今は除菌完了済み)、家族は食事などから感染している可能性があるということでしたので父から検診を勧められていました。

 ピロリ菌はいるだろうと思っていたのですが、結果として検出されませんでした。
 もちろんいずれは胃カメラの受診が必須だと思っていますが、現状で胃の不快感もありませんし、いずれ…と思っています。

-----

 京都府ではピロリ菌除菌治療費の一部を助成する仕組みもあります。

 京都市のがん検診に関わるサイトも充実しています。

 
 私も昨年40代になり、受診できるがん検診があります。
 毎年が必要とはなかなか感じられないこともありますが、長期間受診しないことはお勧めしにくいです。

 大事な仕組み、うまく利用しましょうね。


 コラムにも書きましたが、京都市以外にお住まいの皆さまにおかれましては「がん検診 + お住まいの自治体名」でぜひ検索してみてください。


 <過去参照記事>
 ・”人間ドックにだまされるな!”読みました。
 ・2015年のがん死亡数と罹患数に思うこと。