”教科書にないお金の増やし方・守り方”読みました。


 ”教科書にないお金の増やし方・守り方 ~行動経済学で解決する50のムダづかい~”(2016年12月30日 第1刷発行)を読みました。

170519_01

 著者は株式会社オフィス・リベルタス代表取締役の大江英樹さん。facebookページはこちら

 今回もありがたいことに、いわゆる献本いただいてしまいました。大江さんのお気遣いに感謝を申し上げます。
 そして、感想を書くのが遅くなってしまい申し訳ありません。大江さんは次々と新刊を出しておられ、この本の後にも2冊そして今年はさらに2冊ほど出される予定と聞いています。


 いつも通り、アウトプットとしていくつかポイントを引用させていただいての所感を書くスタイルです。当然ながら引用部は私の独断と偏見によるものです。

-----
■はじめに 「感情」は「勘定」に優先する
■結論 ベストな判断でお金を使うために
■おわりに

・特にお金のことを判断する場合は、数字を冷静に見ることが大切です。 p3

・レッスン1やレッスン4で出てきたような「無料サービス」がそれです。こちら側からすれば、無料はありがたいと思いますが、果たして、相手が損をしてまで無料にしてくれるなどということがありうるのだろうか? ということを考えないといけません。ふつうはそんなことはありえないはずです。 p248

・金融教育よりもむしろ社会保障教育をきちんとおこなうことのほうがずっと大切 p253


 この3つの引用が(私にとって)この本のすべてです。
 この3つの具体的な内容をシンプルにこの本で得ていただけますのでお勧めです。

 <過去参照記事> ”ちょっと気になる社会保障 増補版”読みました。


-----
■Lesson1 人は「損失を避ける」ことを優先する

・「人は ”儲けたい”気持ちよりも ”損したくない”気持ちのほうが強い」という事実 p16


■Lesson2 誰もが「心の錯覚」で買ってしまう

・脳は明らかな間違いにさえ気づかないことがある -思いちがいを生む「経験値とドタ勘」- p58~
・システム1(速い思考)とシステム2(遅い思考) p58


 「あっ、これは当てはまる!」「やってみよう」

 そう思えるポイントがいくつも出てくるのではないでしょうか。全部が当てはまる人はおられないと思いますが、どれ1つも当てはまらない人もおられないでしょう。

 この本はざっと読み通すだけではなく、気になったところは折り込むなり書き込むなり付箋を貼るなりしてみてください。そして実際に取り組んでください。
 本のサブタイトルにある「ムダづかい」という言葉は私はあまり好きではありませんが、優先順位を明らかにしていくうえでたくさんのチェックポイントが出てくる本です。実際に試みていただきたいです。


-----
■Lesson3 幸せになる使い方を選び取る

・老後の人生においてとても重要なマトリックス図をお伝えしよう -「老後不安」は金融機関にとって最大の商材- p148~

・「高いリターン」という言葉には、判断を鈍らせてしまう力がある -金融機関が絶対に説明しない「リスクとリターンの関係」- p158~


■Lesson4 不合理な選択をしない体質になる

・客観的事実よりも「言葉づかい」が最終選択に影響をおよぼす -異なる数字的直観が喚起される【フレーミング効果】- p193~


 ただ1点、非常に難易度の高いことがさらっと書かれていた部分だけ挙げておきます。
 p153にある「老後の不足額を”見える化”するマトリックス」です。

 このマトリックスで公的年金は約6700万円とあります。同い年の夫婦で65~90歳の25年という設定ですから国民年金部分の年金は78万円/年×夫婦2人×25年=3900万円です。残額2800万円を夫1人が受け取る厚生年金と設定されていましたので、同じく25年分で逆算すると112万円/年です。
 これを大学卒業23歳から60歳まで37年間で逆算すると平均年収は約552万円です。これを高いと思うか低いと思うかはそれぞれですし、この本は公的年金の解説本ではありませんからすべての条件が詳細に書かれている必要もないのかもしれませんが、公的年金についてもそれなりに詳しい大江さんにしては省略されすぎのように感じてしまった次第です。

 というややこしい計算を皆さんができるようになる必要はありませんが、「ねんきん定期便」や「ねんきんネット」から試算してみることが大事です。でも、これはなかなか難易度が高いと思います。日々相談を受けていて感じることです。

 手前味噌ではありますが、紹介しておきます。
 <京極・出町FP相談 オフィシャルサイト> ねんきん相談

-----

 大江さんの本はこれまで8冊で感想を書いていまして、これが9冊目です。
 すべてに共通しているのは全体を通しての読みやすさ、表現の柔らかさです。
 

 金融機関や金融商品の選択をはじめ、投資や運用は自己責任でお願いします。

 

 参考までに前回8冊目の感想はこちらです。
 ”マイナス金利でも、お金はちゃんと増やせます。”読みました。

 長文をお読みくださり、ありがとうございました。



キャッシュフロー表は一歩間違えば数字遊び



 17(水)午前中、左京区のSさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 諸々の諸事情により初回相談から約7ヶ月。本日が再度のキックオフという位置づけの相談となりました。

 作成をご依頼いただいたキャッシュフロー表を基に近況をお聞かせいただいたことで
たくさんの変数やなかなかばちっと見込みを当てはめるのが難しいながらも、今後のおおよその見通しをつけていただくことはできたと思います。

 総論は共有できましたので次回からは各論です。iDeCo(個人型確定拠出年金)・生命保険・損害保険などを先行して整理していくことになります。

 Sさん、奥さま、ありがとうございました!!
 次回もよろしくお願いします!!

-----

 午後、関東地方のHさんご夫妻の相談をSkypeでお受けしました。

 前回ご案内したキャッシュフロー表を基に再度の疑問点の確認と質問にお答えし、今回の最終的な目的である生命保険の整理について現在加入されている内容の優先順位を確認しました。

 私のスタンスは「必要最低限」です。何もかも不要だとは思いませんし、現時点で不足されていると感じれば新規の加入を推奨することもあります。あくまでも優先順位の確認が重要だと考えます。

 Hさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 夕方、右京区のSさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。
 
 住宅購入に関する資金計画相談をお受けしています。初回相談以降メールでのサポートを継続してきまして、4ヶ月ぶりにお会いしました。

 確定してきた情報を使ってのキャッシュフロー表を確認いただき、諸費用のチェック、火災保険の妥当性、団体信用生命保険・職場で加入できる団体保険と生命保険、確定拠出年金とマッチング(加入者)拠出という流れで、貯め込んできていましたアドバイスを踏み込んて対応できました。残るチェックポイントはごくわずかですし、まもなくゴールです。

 Sさん、奥さま、ありがとうございました!!
 次回もよろしくお願いします!!

-----

 久しぶりに1日で相談3件お受けしました。3件とも初回ではなく2回目以降の対応でしたので各たっぷり3時間というわけではないとはいえ、当日の対応だけでなく事前の準備やまとめも考えると余裕を持って対応できるのは1日2件かなーと感じる次第です。

 特にキャッシュフロー表の取り扱いには注意が必要です。一歩間違えば数字遊びになってしまうからです。数字の根拠・算出の根拠を明確に、将来を必ずしも予測できることではありませんが、明らかになっている今を当てはめることで参考となる見込みの数字を見ていただけるものと信じています。

 ご依頼いただけるのはありがたいことです。お役に立てるようにがんばらねばです。


 5月も下旬だというのに朝晩は冷え込むという表現が適している気候です。体調管理、気をつけましょうね。
 

骨髄提供までは進みませんでしたがドナー候補として経験したことをまとめます。


 「骨髄バンク」ご存知でしょうか。

 詳細な情報は日本骨髄バンクのwebサイトをご覧ください。

 17_00

 私、2003年9月にドナー登録をしていました。
 経緯は覚えていません。翌月の10月に転職・11月に結婚していまして、9月は確か有給消化などで時間に余裕があったことだけは記憶しています。三十三間堂の隣にある日本赤十字社へ行ったこと、ドナー登録だけのつもりが献血もしたことをよく覚えています。

 数年前から再登録の案内が届いていました。当時の型は3区分だったのが、今は4区分に変わり、再度血液採取に来てほしいというものでした。2016~2017年の冬に四条通の献血ルームへ足を運んで採取しました。

-----

 それから少しして、案内が届きました。
 最初に登録して13年以上。初めての「適合通知」です。

17_01
 ※ 画像はクリックすると全体が表示されます。(以降も同じ)

 妻に相談し、即「コーディネート希望」で返送しました。


 それから1週間ほどで「担当コーディネーターのお知らせ」という書面が届くと同時に、担当さんから電話もいただき、確認検査および面談の案内と日程調整がありました。

17_02

 ルールだと思いますが「様」付を使っておられましたので、「さん」で問題ないとお願いさせてもらいました。
 

 それから数日で「確認検査(面談)のご案内」が届きました。

17_03


 数週間後に指定(希望)の病院にてコーディネーターさんと面談し、ハンドブックを基に1時間ほど説明を受けました。
 骨髄提供者であるドナーのデメリットを十分に説明してくださり、そのうえで担当検査医師から簡単な問診と血液一般検査を受けました。採取ルームでは他の方々は看護師さんから採取されていましたが、私だけ医師が自ら採取してくださり何だか変な感じでした。


 1週間ほどで「血液一般検査結果のお知らせ」が届きました。

17_04

 無事に基準を満たすことができ、ひと安心でした。


 その約1ヶ月半後にコーディネーターさんから電話がありました。
 患者さん側の事情により、今回の件は終了ということでした。電話の数日後に書面でも「コーディネート終了のお知らせ」が届きました。

17_05

-----

 これが一連の流れです。

 HLAの型が3区分の登録から4区分への登録へ変わった途端に案内が届いたのは本当にたまたま偶然で、3区分のころから13年で一度も案内が届かなかったことは私自身がそういった状況になった際になかなか適合者が見つからない可能性があることを検査医師から教えてもらいました。

 このブログを読んでくださったいる皆さまはご存知の通り、私は精巣腫瘍患者友の会(J-TAG)さんにてアドバイザーを務めていることからも何かのご縁だと思い、何かお役に立てればと考えましたが、終了理由は知らされないルールです。私よりも条件の良い人が見つかったり、他の治療方法などが見つかったり、良い方向に向かわれたことを心から深く願うばかりです。


 提供することになれば、家族も同席のうえでの最終同意面談→採取前健康診断→念のために自分の血を取っておく「自己血採取」→そして、骨髄採取のための3泊4日の入院という流れだったようです。

 40歳前後より若い男性の骨髄は定着しやすい傾向にあるそうです。とはいえ、その年代の男性が(もちろん女性も)日中に何度もの面談へ出向き、3泊4日も入院することになるのはかなり多くの方々の理解が必要でしょう。
 全身麻酔で骨盤に針を刺して採取されますので後遺障害の可能性も本当にまれなケースとはいえゼロではないわけですから、小さな子どもがいる人などの場合は判断を迷うのも当然のことだと思います。

 登録が18~54歳、適合検索は20~54歳ということで、働き盛りであり子育て世代です。ドナー登録は簡単でも、実際に骨髄提供となれば非常に高い壁があるように感じた今回の経験でした。

-----

 参考までに提供ドナー助成制度を導入している地方自治体・民間団体のリンク先をご紹介しておきます。

 京都市はこちらです。
 京都市骨髄ドナー奨励金交付事業を開始します!!
 提供に係る通院,入院又は面談の日数1日につき2万円(1回の提供につき14万円を限度)

 お金が欲しいというわけではありませんが「骨髄等を提供した方」だけが対象というのは悩ましいと感じました。仮に最終的に提供することにならなかったとしても、案内を受け、悩み、家族に相談し、判断し、平日の日中に何度か足を運ぶことになるわけです。もちろんお金を受け取るためだけに何度か足を運ぶというモラルリスクもあるかとは思いますので悩ましいことだとは理解しているつもりです。


 とある白血病患者さんに4人のドナー候補がいたが4人ともに断られたことで骨髄提供を受けられたなかったケースを患者会さんにて耳にしたこともありました。
 いわば人助けでもあり、自分や家族や身近な人がそういった状況になったときには助けてもらえる可能性のある仕組みです。選択肢が多くあってほしい。ただただそう思います。

 多くの方々がドナー登録され、まずは登録者数がもっと増えることを願うばかりです。


 なお、担当コーディネーターさんはとても丁寧な対応を心がけてくださっていました。感謝と同時に今後のコーディネーター活動も大応援です。


何を進めることになっても実際には細かな対応が発生します


 先週後半の相談対応のまとめ(抜粋)です。


 11(木)下京区のNさんの事務所を訪問。

 賃貸マンションの火災保険について更新時期にアドバイスを求めてくださっています。今回は不動産業者の対応・入居者の火災保険などについても話題となりました。

 どこまでを自ら管理し、どこからを外注するのか。
 外注先をどこまで自ら管理し、どこからを信頼して任せてしまうのか。
 心配に思われる点は人それぞれ異なるわけですし、関わっておられる方々への信頼性も一概ではありませんからすべてが本当に人それぞれだと思います。

 私は直接的に関われませんからあくまでもこれまで見聞きしてきたことからチェックポイントをお伝えすることしかできませんが、そもそもこんな立場の人(専門家)は少ないわけですのでこうして重宝くださっているのかなと感じます。

 Nさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 13(土)大阪のYさんの相談をお受けしました。

 iDeCo(個人型確定拠出年金)と個人年金保険の違い、所得補償保険の考え方についての相談でした。

 2年前にとあるご紹介がきっかけでして、いつもご自身から事前にはっきりと質問ポイントを絞ってこられる専門職のYさんです。お答えするにあたっては周辺情報にも触れるわけですので結果的には幅広いお話になるわけですが、得たい結論が明確ですので結論を出されるのが本当に早いです。

 何を進めることになっても実際には細かな対応が発生しますので、そのあたりまできちんとフォローできるのが私の強みですし、Yさんもそのあたりを私に求めてくださっているのがよくわかります。

 Yさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 15(月)終日事務所の予定です。
 
 京都は葵祭です。交通規制にご注意ください。
 リンク先、地図中央の出町の「出」あたりが事務所です。


アウトプットの効能 / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート57回目


 12(金)、京都府立医科大学附属病院で2012年1月より毎月開催されている「精巣腫瘍患者友の会」主催、第64回目のピアサポート(13~17時)に今回もアドバイザーとしてお邪魔してまいりました。私の参加は通算57回目です。前回の記録はこちらです。

 今回は5名の参加がありました。今回は参加者皆さんが府立医大での治療を経験されていましたので、当時のことを懐かしく話してくださり、今との違いや当時の医師の方々の現在などの状況を共有されていました。


 治療中・治療直後・経過観察中、それぞれ身体的・精神的に明らかに出てくること・感じられること、本当に人それぞれだと思います。一定の同じようなこと(症状)もあるわけですが、とらえ方は人それぞれであり、でも「同じようなこと」を共有できるからこそ安心につながったり、これ以上悩まなくても良いんだと判断できたりするのだといつも目の当たりにさせてもらっています。

 自分の頭の中だけで考えていること、周りの人にはなかなか言えないこと、これらを言葉で表現したり時には文字にしてみたり、アウトプットによって整理することは大事ですし新たな気付きがあるのも当然のことだと思います。
 アウトプットの効能とでもいうのでしょうか。それは私も常々このブログやSNSなどを通じて強く感じます。ただ反対にアウトプットしたことで分かった気になってしまうのが最も恐ろしいことです。実際には確かめないとわかったことになっていないことも多いからです。

 
 facebookが4年前の患者会さんのブログ記事を思い出させてくれました。
 ≪報告≫第17回精巣腫瘍ピアサポートが開催されました
 相談対応のようすも書いてくださっていますので、ご参考になりましたら幸いです。

-----

 20~30代が好発年齢の精巣腫瘍。働き盛りであるがゆえ、お金の情報面でのサポートは必要性・重要度が本当に高いです。同年代としても本当に強く感じます。

 現在の私は患者会さんを通じたボランティアです。近い将来、がん相談支援センターなど患者にとって比較的足を運びやすい場所で、ファイナンシャルプランナー(FP)知識を持ち、相談実務のある専門家が当たり前に相談員として病院に採用され、いつでも相談を受けられるような社会になっていてもらいたいと思っています。


 これまで私がお受けした質問への回答は、すべてではありませんが主なものをこちらにまとめています。
 がんに関する医療制度とお金のQ&A【メルマガ寄稿】
 何かの参考になりましたら幸いです。

----- 

 次回は6/9(金)です。ピアサポートは患者会さんはサイトだけでなくfacebookページもありますので、ご興味お持ちの方はぜひチェックしてみてください。
 精巣腫瘍患者友の会【J-TAG】facebookページ

 私は京都でのピアサポートだけに参加していますが、ピアサポートはつくばでもおおよそ毎月、不定期ですが大阪(吹田)や東京でも開催されています。ちなみに大阪は本日5/13(土)が3回目の開催です。
 《お知らせ》精巣腫瘍ピアサポート吹田を開催します。

 これらの情報は患者会さんのサイトで公開されていますのでぜひ参考にしていただきたいです。

 共同代表の古谷さん、参加された皆さま、今回もありがとうございました!!

----------

 13(土)終日事務所の予定です。
 14(日)お休みをいただきます。