私立文系4年で総額700万円と386万円の違い


 毎週発行されているフリーペーパー特集で教育ローンが取り上げられていました。
 (お勧めしにくい記事でしたので参照リンクは紹介しません)

 日本政策金融公庫「国の教育ローン」、各金融機関の「教育ローン」「多目的ローン」の紹介とともに、その地域で無料のマネーセミナーの案内(広告)を毎週のように出しておられる乗合保険代理店・金融仲介業者(証券会社の代理店)所属のファイナンシャルプランナー(FP)による解説のある記事でした。


 気になったのは「大学生の教育費総額」というデータ。

 出典は公益財団法人生命保険文化センターの「大学生にかかる教育費はどれくらい?」。
 2018年2月現在のリンク先は2017年版とあります。

 フリーペーパーで取り上げられていた2018年1月改訂版の「ライフプラン情報ブック」とはデータが異なっていましたので書き出してみます。
 大学の私立文系・自宅4年の総額です。

 2018年1月改訂分と思われる記事データでは704.9万円、本文では約700万円とされていました。
 2017年版では683.6万円です。21.3万円(1年あたり5.3万円)もアップしていました。


 私がいつも参考にするデータの最新版はこちらです。
 私立大学等の平成28年度入学者に係る学生納付金等調査結果について
 私立文系の4年間の総額は約386万円です。

 約700万円と約386万円の差額314万円は何なのでしょうか。


 386万円の内訳は授業料・施設設備費・入学金です。
 700万円にはこの3つに加えて、受験関係費用・生活費が入っているようです。

 受験関係費用は出典がわかりません。私が見つけたのはこちらです。
 受験にかかるお金(ベネッセ)
 シミュレーションは293,000円です。
 
 ですので差額の残は285万円。
 これを4年で割ると年間71万円、月59000円が生活費です。
 大学生の子どもの生活費、対象は何なのでしょうね…

 食費・光熱費・サークル活動、教科書代も含むのでしょうか。
 私にはわかりません。

-----

 いずれにしても言えるのは、生活費とは大学に通っていなくても一緒に生活していればかかってくるお金です。いわばランニングコストですので、一括で必要となるお金ではありません。

 700万円を大学入学前に貯めておく必要があるなんてアドバイスは不毛にしか見えません。


 大事なのはインパクトのある数字ではありません。その内訳です。
 もちろん今回のケースで700万円を貯めることができていれば、どのようなイレギュラー(想定外)が起こっても何とでも対処できるでしょう。選択肢は大事です。

 でも、将来に向けて貯めないといけない強迫観念にとらわれ、子どもの小さい今、楽しみに使えるお金の範囲が狭まってしまうことには疑問を感じるケースもあります。


 金利なしで割り算してみます。
 386万円÷18年÷12月=約17870円
 700万円÷18年÷12月=約32400円
 毎月に必要な積立額のインパクトが大きく違ってきます。
 ここで金融商品の提案がばっちり出てきそうですね…

 背景・根拠を知る必要があるというお話しでした。


「丁寧に聞いていただき、時間いっぱい分かりやすく教えていただき」


 先週末の相談対応のまとめ(抜粋)です。


 伏見区のKさんご家族が事務所へお越しくださいました。

 医療保障と高額療養費・傷病手当金・緊急予備資金→先進医療の考え方と標準治療→クレジットカード付帯のがん保険と傷害保険→個人賠償責任保険と自動車保険・火災保険→定年退職後の働き方と在職老齢年金→将来受け取る公的年金と長生きリスク→シンプルな家計管理と支出の優先事項→相続とエンディングノート、といった流れのたっぷり3時間超の初回相談となりました。

 今回相談を受けようと決められてからお越しくださるまでに、一念発起して1年分の支出を整理してきてくださいました。家計簿は付けたことがない・つけようと思ったことはあるが続かなかったとおっしゃっていましたが、詳細な情報を作り上げてくださっていましたので私のほうが驚いてしまいました。さまざまな記録をきちんと残しておられたことが勝因です。初回相談からかなり踏み込んでたくさんお伝えできたかと思います。


 嬉しい感想メールをくださいましたので、ご紹介します。

 「丁寧に聞いていただき、時間いっぱい分かりやすく教えていただき、フォローのメールでは追加情報までいただいて、感謝でいっぱいです。」

 Kさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 奈良のYさんが事務所へお越しくださいました。

 工務店さんからのご紹介で、火災保険についてシンプルに相談をお受けしました。
 無料の火災保険見積請求サービスを利用され、一気に5社届いて訳が分からなくなったということがきっかけです。

 まずは5社について同一条件ではないことを確認し、異なる点を整理させていただきました。同じ条件でないとは疑っておられませんでしたので、かなり驚いておられました。


 大きな補償項目はおおよそ同じでも、細かな設定・特約・付帯サービスまで同じ見積りを作るのは至難の業です。そこを理解しておかないと厳密な比較にはなりません。たかが火災保険、されど火災保険です。

 Yさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 14(水)から17(土)まで最高気温予報が10度以上となっていました。
 暖かくなると花粉が一気に飛びそうですね…
 その後にまた寒気が来てしまったら、また風邪に注意になりそうです。


 14(水)午前中は立ち合いで外出します。午後以降は事務所の予定です。
 15(木)個別相談2件お受けします。

「一人一人ときちんと向き合って」



 先週の相談対応のまとめ(抜粋)です。


 下京区のTさんが事務所へお越しくださいました。

 現在お住まいの家を売却して新たに購入を検討するうえで確認しておきたいことを中心に、幅広くお話を伺う初回相談となりました。
 合わせて、医療保障と高額療養費・傷病手当金→死亡保障と遺族年金・団体信用生命→個人賠償責任保険と火災保険・自動車保険→将来資金と公的年金→住宅ローン返済と教育資金・貯蓄のバランスといった流れの初回相談となりました。


 嬉しい感想メールをくださいましたので、ご紹介します。

 「きちんとフォローのメールもしてくださり、一人一人ときちんと向き合って相談を受けてらっしゃるんだなととても好感が持てました」

 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 大阪のTさんが事務所へお越しくださいました。

 不動産業者さんからのご紹介で、火災保険についてシンプルに相談をお受けし、既にご自身でもよく調べておられ最初からかなり踏み込んだご質問をいただきました。

 保険金額設定の考え方→破損・汚損とは具体的にどんなことをイメージすればよいのか→免責金額の考え方→地震保険の割引適用と給付の基準→火災保険契約における告知義務と通知義務とは、といった流れでした。

 加入手続きを進められるうえでかなり納得されたものになったのではないかと思います。このあたり実際に提案されている担当さんからかなり曖昧な回答しかなかったそうです。お役に立てて良かったです。

 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 三連休、皆さまどのようにすごされましたでしょうか。私、土曜は相談対応、日曜は私の祖父の法事(33回忌)、日曜は家族と過ごしながら確定申告の準備を。

 基本的に少し余裕を見たスケジュールを組ませていただいていますので、特に週末の相談をご希望の場合にはがんばればもう1週早く相談にお越しいただけたかもしれないケースもありまして、このあたりは難しいところです。
 あわただしく落ち着かない状況での相談対応はせっかくお越しくださったときに良い対応ができないかもしれないからです。もちろんお急ぎの場合はその限りではなく、そういった急な対応が入っても対応できるように心がけているのと同時に、最近は「お急ぎ料金」を設定しようかと思案しています。


 13(火)基本的に事務所です。打ち合わせ2件です。


イヤホン×2・注意喚起



 親バカシリーズ(?)の蔵出しです。
 ※ facebookで時々書いているのをブログでまとめてるだけです。手抜きですみません。

-----

 イヤホン1

 6年生の長男が「聴きたい曲あるねん」ということで超久々にCDを購入し、コンポで楽しんでおられます。

 長男は1人でイヤホンをつけて聴くのが好きなようで、4年生の次男も時々真似してます。

 遠目で何か違和感があり、近づいてみたらイヤホンがこんな感じで耳にささっていました。

 180212_02

 私 「向き間違ってるやん」
 次男「音 大きすぎるからこれでちょうどいいねん」

 もう笑いがとまりません…
 天才次男、最高です^^

 ※ 斬新すぎるボリューム調整、感動的です。
 ※ 何のCDかは別の投稿でネタにします。
 ※ もちろん隊長(長女6歳)も兄2人が使っていないすきを狙って聴こうとしますが、手の届かない高さなので私が操作させられます。

-----

 イヤホン2

 イヤホンをつけてラジオやCDを聴くのが長男と次男のお気に入りです。車でつけたラジオから平井堅さんの映画ドラえもん主題歌、星野源さんの恋など知ってる曲が続けて流れてきたことがあって楽しかったようです。

 先日のこと。
 次男がゲーム音楽(ドラクエ)を1人で楽しんでいたところ、長男がこっそりイヤホンの線を本体から抜きました。

 スピーカーから聞こえてくる電子音。
 隊長が「テテン テンテテテテン…ピッ ピッ」と口ずさみ始めました。

 それを聞いた次男「えっ?なんで今聞いてるのわかるん?」

 耳につけたままのイヤホンからではなく、スピーカーに切り替わってるのに気づいていない次男。
 長男に教えられて恥ずかしくなり「おかーしゃーん」とニコニコしながら近づいて行った次男。

 あー、かわい^^
 はい、親バカですよ。

 ※ ちっちゃないたずらなのでかわいいもんです。
 ※ このカタカナで表わした音で何のゲームかわかったらゲーム大好きに認定です。
 ※ どこで覚えてきたのか次男は最近「ええ声~」で歌ってくれます。
 ※ ええ声~のイメージが伝わるのは関西だけでしょうか…。

-----

 注意喚起

 こんな時代ですから疑ってかかるのは大事なことだと思いますが、その判断基準って難しいですよね。

 6年生の長男が帰宅した私に笑いながら伝えてくれました。

 「この絵、おとーさんみたいやなって
  おかーさん言ってたで」

 180212_01

 こらーーーっ!!!
 はい、平和な家族ですよ。

 ※ 自称、断じてそんなことはないはずです。
 ※ 皆さま、十分にご注意ください(どっちを?

-----

 冬季五輪が2/10(土)に開幕しました。

 私はまったく気にしてなかったのですが(すみません)、長男が興味津々で、次男がちょっとだけ興味を持っていて、隊長はフィギアスケートが楽しみなようです。

 皆さまはいかがです?


 12(月・祝)基本的に事務所の予定です。


社会保障・社会福祉(救貧)・社会保険(防貧)のとらえ方からスタート / 2018年5月検定向けFP3級資格取得講座<第2回目>


 9(金)、滋賀リビング新聞カルチャー倶楽部主催「FP3級資格取得講座」第2回目の講師を務めました。

 今回で13シーズン目(計21回目)、金曜午前10時20分~12時20分の115分(休憩5分)の講座で、5月上旬まで14週連続(約3ヶ月)の長丁場です。

<第2回目の項目>
 ライフプランニングと資金計画②
 ・教育資金設計
 ・健康保険と国民健康保険、高額療養費と傷病手当金
 ・介護保険
 ・労災保険
 ・雇用保険


 FPでは社会保険を学びます。社会保険のうち公的年金以外の項目を解説しました。

 私の講座では社会保障・社会福祉(救貧)・社会保険(防貧)のとらえ方からスタートし、制度の履歴や現代における変化もシンプルにできるだけお伝えするようにしています。
 保障の本筋を知ることができれば、これからの変化を見据えるうえでもあおられた報道や情報に惑わされにくくなるはずです。


 公的医療保険(健康保険・国民健康保険)については1時間ほど解説に費やします。でも検定で出てくるのはほぼ1問です。他の項目で1時間も解説して1問しか出てこないような内容はありません。
 でも、実生活においては大事すぎる公的医療保険です。本来であれば1時間でも短いです。


 講師がこんなことを書くとよろしくないかもしれませんが、正直に言って3級では社会保険全般についてきちんと深くまで理解できるようになる必要はありません。制度は日々変わります。

 全体をイメージできて必要最低限のポイントさえ把握できていれば十分ですし、ポイントを把握できていれば実生活で必要になった時に調べることができるようになります。
 知らなければ調べることもできません。この差がFPを学ぶことで得られる効用であり、人生において本当にたいせつなことだと思っています。

 皆さま、次回は公的年金に没頭です。よろしくお願いします!


 <過去参照記事>
 ・奨学金と返還と循環運用
 ・大前提である社会保険を解説できる能力に付加価値が生まれる世の中に

-----

 10(土)個別相談2件お受けします。
 11(日)お休みをいただきます。